【丹生谷清流座】メンバーも随時募集中!人形浄瑠璃好きな人、集まれ!

2009年に青年団が中心となって結成。メンバーには那賀高校の人形浄瑠璃部の生徒もいて、新人でも演目によっては主遣いを担当できるチャンスもある若い世代が活躍する人形座だ。コロナ禍で公演は全面的に中止となっているが、現在は「農村舞台」の利活用にも取り組み、周辺の景観保全に尽力している。その甲斐あって木や草に埋もれて見えなかった棚田や、あぜ道も見えるようになり、自然に囲まれた農村舞台周辺の原風景が復活。今後、桜を植える計画もあるのだとか。「おまはんら、ようがんばっとるな(あなた方はよくがんばっていますね)」と声をかけられることも増え、黒子の衣裳を縫ってもらうなど地域の人達に活動を支えられているという座員のみなさん。町ぐるみで郷土の文化を守り、未来へとバトンを繋げている。(四国の右下掘り下げ隊/社会人 Aさん)

◎問い合わせ
丹生谷清流座 https://www.facebook.com/seiryuuza/

★人形浄瑠璃用語解説
・農村舞台・・・人形浄瑠璃のための野外ステージ(通常は神社に併設されている)。
・主遣い・・・人形浄瑠璃は3人1組で1体の人形を操る。かしらと右手を遣う人を主遣いといい、左手を動かす人を左遣い、足を動かす人は足遣い。一般的には足遣いから始め、主遣いになるまでは何年もの修業がいると言われている。

■丹生谷清流座出演情報

『寿二人三番叟』を八面農村舞台で披露します。その後、農村舞台の新たな活用についてのトークセッションもあり。お申込み期限は2022年2月25日(金)まで。皆様のご応募をお待ちしております!

詳細は以下リンク先の徳島県立総合大学校HPをご覧ください。

https://syougai.tokushima-ec.ed.jp/srch_event/650976.html

☆申込先(南部総合県民局)

メール:nanbu_c_m@pref.tokushima.jp
FAX:0884-74-7337

 

【海部川風流マラソン】オンラインで未来へつなぐ!応援プロジェクト

毎年、海陽町で開催され、全国ランニング大会100撰に選出されている『海部川風流(ふる)マラソン』。昨年度に引き続きオンラインで開催中です。オンラインマラソンは、TATTAアプリのGPS計測で走行距離を計測し、開催期間3週間中の合計が42.195㎞となれば完走となります。オンライン開催になったことで、普段走り慣れていない人も3週間という期間の中で完走すればいいため、日々のランニング感覚で挑戦できるのも魅力。参加特典として海陽町の特産品や、山・海コースへのエントリーをすれば、阿波尾鶏セットや伊勢えびセットなどがもらえ、コロナ禍でも地域との繋がりを感じられるよう、工夫されています。(四国の右下掘り下げ隊/社会人 HYさん)

大会公式HP:https://www.kaifu-furu.jp/

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

【まぜのおか】NPBへの夢をサポート!春季キャンプを応援しよう

2021年10月のドラフト会議で所属選手2名が育成指名。9年連続、選手を輩出し、アマチュア野球界で「プロ野球への夢が叶うチーム」と注目されている『徳島インディゴソックス』。そんなインディゴソックスが2012年から毎年、シーズンを戦い抜くための春季キャンプを『まぜのおか』で行っています。3月の第一日曜、城満寺の座禅から始まり、オープン戦で締めくくるのですが、合宿中、一番気を遣うのは食事という『まぜのおか』の垣内さん。地域の生産者など多くの人の協力があって、これまで続けられたといいます。夢に向かってチャレンジする選手をぜひ応援して下さい。(四国の右下掘り下げ隊/社会人 HYさん)

まぜのおかオートキャンプ場
https://www.kaifu.or.jp/

徳島インディゴソックス
https://indigo-socks.com/

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

【阿南商工会議所 若者定住促進委員会 】Uターンを促進し、若者が暮らしやすい街を目指して

阿南商工会議所 若者定住促進委員会 委員長の武田仁志さんは、18歳~24歳くらいまでの若者が進学、就職などでいったん地元を離れると、地元に帰ってこないことに危機感を感じています。それを解決するために、どうすれば地元に呼び戻すことができるかという調査研究をしたり、どんな街が住みやすいかを考え、子育て世代を中心に様々な人の話を聞いています。そうした声の中には「若い世代が暮らしやすいよう、公園や映画館、ショッピングモールを設けては?」といったものも多いのだとか。地元で就職を希望する人の就職のお世話もしていて、「阿南市の人口を7万人から10万人にしたい」という大きな目標に向かって活動し、若者が住みたいと思うまちづくりに情熱をもって取り組んでいます。
(四国の右下掘り下げ隊/高校生 hinaさん)

◎ 阿南商工会議所 https://anancci.or.jp/
※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

【那賀町立上那賀病院】住居完備!医療従事者大募集!僻地医療の未来を担うのはキミだ!?

高齢化、過疎化によって年々看護師、医師不足が深刻化する那賀町立上那賀病院。那賀町役場で10年以上医療福祉に関わってきた保健医療福祉課の池田課長は「町内の小中高学校の出前講座で地域の魅力や看護の仕事について話をしたり、県内の看護師を養成する課程のある大学や高等学校に呼びかけ、まずは那賀町を知ってもらうための活動も行っています。町内と人達との繋がりができれば、地域医療への関心も高まると期待しています」と地道な活動を続けていると話す。同課の堤さんも「都会の病院と比べれば条件は劣るかもしれませんが、僻地医療ならではの看護経験はスキルアップに繋がります」と移住者や若い人もチャレンジしやすいよう、家賃無料の専用住宅も完備。看護助手も随時募集中で、運転免許と体力、やる気があればOK。男性も気軽に問い合わせを。(四国の右下掘り下げ隊/社会人 Mさん)

◎那賀町立上那賀病院 看護師募集サイト

https://www.town.tokushima-naka.lg.jp/nakanurse/

※那賀町立上那賀病院看護師募集のこれまで取り組みについては、
コチラの記事をチェック!

https://go-migishita.com/2019/03/2206/

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

 

【牟岐町観光協会】特産品を通じて生まれた新たな繋がり。『牟岐ふるさとパック便』もチェック!

 

コロナ禍で始まった新たな取り組み、「大学生応援パック」。牟岐町出身の大学生や牟岐町に関わりのある大学生に送られる救援物資で、米やカップラーメンにプラス、うつぼ珍味など調理不要の郷土の味を詰め、好評を得た。緊急事態宣言が出て帰省したくても帰省できない社会人に向けては、『牟岐ふるさとパック便』を作り、こちらも人気に。「SNS上で『届きました!』と喜びの声を投稿してくださる人もいて、パックを利用してくださった人同士が繋がるなど、リアルでは生まれない思わぬ広がりがあり、嬉しかったですね」という観光協会の兒戸さん。『牟岐ふるさとパック便』は継続を希望する声に応えて、新たに『牟岐ふるさとパック便』として年3回発送予定。海産物・農産物などがラインナップとして登場。募集は令和4年5月頃を予定。乞うご期待‼
(四国の右下掘り下げ隊/社会人 Mさん)

◎牟岐町観光協会 http://mugi-kankou.com/

 

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

 

【西の地防災きずな会】生活に防災意識が根付く美波町由岐地区の取り組み

日本最古の津波の石碑が残る美波町由岐地区。古くから住民の防災意識が高いこのエリアで、自主防災会『西の地防災きずな会』に所属する地域おこし協力隊の渡邊 雄二さんは、『由岐湾内地区防災ツーリズムMAP』を作成。防災に関する視察の際に活用していました。「コロナ禍で避難訓練も休止していますが、毎年4月には『避難まつり』を行ったり、休校になった福井南小学校で防災デイキャンプなども行っていました。楽しみながら防災について学ぶことで、長年親しんだ地域で暮らし続ける知恵と工夫がこのエリアに根付いていると思います」。由岐地区は阿南市小野地区と防災連携を行っていて、福井南小学校には防災備蓄もしているそう。日頃の備えにプラス、身近な共助、公助についても点検してみて。(四国の右下掘り下げ隊/社会人 Mさん)

◎西の地防災きずな会
https://twitter.com/Mattari_Kizuna?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

【日和佐うみがめ博物館カレッタ】うみがめの美波町の歴史を伝える展示施設へ大規模改修はじまる!

週末には子供連れの家族が大浜海岸と併せて多く訪れる『日和佐うみがめ博物館カレッタ』。世界的にも珍しいウミガメがテーマの博物館で美波町を象徴する文化を発信し、次世代に繋ぐため、2022年度から全面的に改装と行う予定です。開業から37年が経過する『カレッタ』。学芸員の田中さんは「この機会に現代の知見に合わせて設備を拡充し、今後はアニマルウェルフェアに対応した施設にしたい」と話してくれました。展示エリアも大幅な改装を予定しているので、改装前の展示を見納めしておきたいという方は今年度中に必ず行ってみて。改装にかかる一部をふるさと納税などで賄う予定で、『企業版ふるさと納税』では改装工事用の特設プロジェクトもあり。ぜひ問い合わせを。
(四国の右下掘り下げ隊 社会人 HYさん)

「生き物を保全しようという意識が芽生えていなかった70年前、大浜海岸で食用として殺されたアカウミガメを見つけた中学生がショックを受け、ウミガメの研究を始めたことが今に繋がる美波町とうみがめの歴史です。改修後のカレッタではうみがめの来る町として発展してきた美波町の歴史と、現代の知見をいかしたアニマルウェルフェアに対応した展示の2本立てで楽しんでもらえるような施設にしたい」と話す学芸員の田中さん。大規模改修は5カ年計画で進んでいて、今年は3年目。展示部分の改修工事は来年を予定しているそうなので、現行の展示を見たい人は早めの来館がおすすめ。
(四国の右下掘り下げ隊/社会人 Mさん)

※改装工事費の一部費用をまかなうため、ふるさと納税による寄付を受け付け中。企業版ふるさと納税では改装工事用の特設プロジェクトもあり!

◎日和佐うみがめ博物館カレッタ HP
https://caretta.town.minami.lg.jp/

◎企業版ふるさと納税『うみがめ博物館カレッタ エコツーリズム拠点化プロジェクト』https://www.chisou.go.jp/tiiki/tiikisaisei/nintei_furusato/plan/36387.pdf

お問い合わせは
美波町役場 政策推進課
TEL:0884-77-3616 E-mail:seisakusuishin@minami.i-tokushima.jp

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

【那賀町地域おこし協力隊】人も野生動物も暮らしやすい地域を目指し、獣害対策に取り 組む

かつて山の資源だったシカやイノシシは、里へ下り、ここ数年は町中にも出没し、農作物に被害を及ぼしている。こうした獣害対策に取り組む地域おこし協力隊として活動する吉田さんは、箱罠を使って個体数調整を行っている。「シカが多い山を鹿山、イノシシが多い山を猪山と言うんですが、那賀町は断然、鹿山。毎年、処分数の目標値は達成しているんですが、シカは増えやすい動物なので、自然減ということはなく、気を緩めるとすぐにリバウンドします」。罠を仕掛けていれば捕まるのを待つばかりと思いきや、何度も足繁く現場に通い、餌の位置を微調整しながら罠に誘い入れるのがプロの技。『合同会社獣害対策研究所』も立ち上げ、山での活動をさらに深めていきたいという吉田さん。「現場が近いことが活動のメリット」と話してくれた。(四国の右下掘り下げ隊/社会人 Mさん)

◎合同会社獣害対策研究所
http://jugai119.moon.bindcloud.jp/

※吉田さんが書かれた『モンキードッグ―猿害を防ぐ犬の飼い方・使い方』について
詳しくはこちら↓
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54011249/

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。

【JAかいふ】もち麦味噌が隠し味!『母ぁちゃんマヨ』と『ポンジュレゆう』召し上がれ!

町内産品を使った商品開発に取り組むJAかいふ牟岐女性部のみなさん。女性部が手掛けた商品は『母ぁちゃんシリーズ』として注目されています。第4弾の『母ぁちゃんマヨ』は、シリーズ第1弾の『母ちゃんもち麦みそ』をアクセントに使い、もち麦味噌のコクとゆずの酸味がクセになる逸品。「トーストやお好み焼きにかけて食べて欲しい」と女性部部長の溜口さんもおすすめ!牟岐町では接ぎ木せずに種から育てる実生ゆずの栽培にも力を入れていて、「えぐみが少なく香りもいい」と海外のシェフにも好評。現在では年間3tを輸出用として出荷しているのだそう。この実生ゆずを使った『ポンジュレゆう』も自信作。「唐揚げなど味の濃いものにあう」とJAかいふの正路さん。実生ゆずの香りと味を手軽に楽しめる『実生ゆず茶』もぜひ味わって。(四国の右下掘り下げ隊 社会人 HYさん)

※『母ちゃんもち麦みそ』、『母ぁちゃんマヨ』、『ポンジュレゆう』などは京都産業大学と牟岐町が共同で運営するオンラインショップ『Mugisan』で試験販売をしていました。

■Mugisan オンラインショップ
https://mugisan.official.ec/?fbclid=IwAR0PNR093KpLCBjoiFM29MW5ptNQj4JFef5oBqqVUfa6ENq_7QSLEyJjULM

※この記事は『四国の右下掘り下げ隊』の活動で作成されたものです。