【レポート】とくしま移住コーディネーター育成研修会に行ってきました!

徳島県では移住者と地域とのスムーズなマッチングを行うため、地域との繋ぎ役となる「移住コーディネーター」を育成しています。
昨日行われた研修会と移住コーディネーター認定式に行ってきましたので、その様子を紹介します!

 

令和2年度とくしま移住移住コーディネーター育成研修会

主催:徳島県政策創造部 地方創生局 とくしま回帰推進課

日時:2021年3月1日(月) 14:10~15:00

場所:徳島グランヴィリオホテル 1F グランヴィリオホール

〇研修会プログラム

【講義1】

演題:大阪から見るコロナ渦における移住

講師:特定NPO法人100万人のふるさと回帰・循環運動推進・支援センター
大阪ふるさと暮らし情報センター 所長 山口 勝己 氏

【講演2】

演題:移住者の受け入れについて

講師:徳島県移住アドバイザー 小林 陽子 氏

【講演3】

演題:移住コーディネーターの活動について

講師:三好市移住コーディネーター 元木 香織 氏

 

大阪から見るコロナ渦における移住

シティプラザ大阪1F『大阪ふるさと暮らし情報センター』所長の山口さんは 大阪での相談状況に基づき、3つのトピックで講義された。

まず1つ目は新型コロナウイルス感染拡大以降の移住相談件数が、増加傾向にあることについて。
コロナウイルスの影響で、臨時休業や移住イベント・セミナーの中止を余儀なくされ、見学やセミナー参加者は激減している一方、電話・メール相談は増加。
面談も緊急事態宣言発令中を除くと増加傾向にあるのだとか。

2つ目は移住希望者の属性と志向の変化について。
「無職」と「単身移住」の相談者が増加し、移住後の仕事として就農を希望する傾向が高まっているとのこと。
また「理想の生活」を求め、地方移住を考える人が増えているのではないかと考察されていました。

最後にポストコロナの移住相談について。
コロナ禍でZoomなどオンラインによる相談環境が各地に整備されたことにより、今後、大阪の相談窓口で対面相談をしながら、各市町村とオンラインでつなぐことによる、ハイブリット面談の推進を考えているとのこと。オンラインだけでのやり取りよりもスムーズかつ、安心感をもって相談者も話ができるはず、とお話されました。

 

移住者の受け入れについて

徳島県移住アドバイザー小林 さんは、自身が長く移住定住サポートに関わってきた経験から、移住コーディネーターとして活動する上で気を付けてほしいことを3つのポイントで紹介。

①自分の担当する地域のことを隅々までよく知ること。

まず必ず必要なこととして、提供できる空き家の状況を把握すること。家の位置だけでなく、ご近所さんやその集落の集まりや地域のお祭りのことなど、すべてを知った上でどういう人がその地域に入ったらいいか、どんな人ならその場所でやっていけるかを考えておくことを提案。可能であれば、住まいだけでなく仕事に関してもハローワークから情報を入手するなど、地域内で働ける仕事、通勤県内の近隣市町の仕事などできる限り情報を集めておくとよいとアドバイス。

②相談の際には、出来る限り詳細にヒアリングする

移住希望者の多くは自分の過去や状況について、すべては話したがらない。そのため回数を重ねて信頼関係を築きながら、小さなことも聞きとることが大切。田舎での生活はどんなことがトラブルにつながるかわからない。移住者はそのことに気付かないので、なるべく先回りして話を聞くことが大切。

③移住者の自立のため、深入りしないようにする

移住の仕事はいろいろな人の人生の転機に立ち会うことができ、やりがいがあり、楽しいと感じることがよくある。ただ、自分も気づかないうちに移住者の世話にのめり込み過ぎて、過度な期待がお互いに生じ、依存する関係になってしまうことも。可能な限り役場担当者や地域の人々など、頼れる相手を分散させることが大切。決して見放すということではなく、移住コーディネーターは本当に困ったときの最後の砦として、頼られる存在になれることが理想。

 

移住コーディネーターの活動について

三好市の現役移住コーディネーターである元木さんからは、移住コーディネーターとしての実際の活動内容の紹介と、活動を通して得られたこと、そして注意点について。

三好市移住コーディネーターは三好市役所地方創成推進課に在籍し、移住相談対応や空き家バンクの運営を担当。三好市の各課にまたがる移住支援制度や補助金情報のとりまとめや、『三好市移住ガイドブック』の製作を監修し、お試し住宅を活用した移住体験ツアーの企画・開催なども元木さんが行っています。
三好市の各地の特徴を「ガチ秘境」「プチ秘境」「まちなか」「田園地帯」というキャッチーな分類で説明され、移住者にも分かりやすく、イメージが掴みやすいと好評とのこと。

様々な地域活動を行う中で、地域との繋がり、信頼関係を築くことができたと話し、「移住コーディネーターで一番大切なことは地域に出ること。移住コーディネーターの仕事は一人ではできない、地域の方の協力が不可欠」とメッセージを送りました。

地域と移住者の関わり方についても「まず前提として、地域の主体は『地域住民』。多様な価値観を持つ移住者に地域の変化を期待することはできても、移住者だけに頼ってはいけない。生き生きとした地域があってはじめて、移住者が新しい風を吹かせ、地域がより良い方向へ向かうことができると信じている」とお話されました。

 

短い時間でしたが、3人の講師の方達から、非常に中身の濃いお話を伺うことができました。
新らしく移住コーディネーターとして認定された人達も、3人の講師のように、移住者のサポートに尽力してくれることと思います!

 

 

【レポート】神山町『モノストック・オープンデー』を見学させてもらいました!

美波町の地域おこし協力隊で、移住や空き家活用に取り組む本間友樹さん。

徳島県内でも空き家活用に積極的な神山の取り組みは「四国の右下」エリアでもいかせるかも・・・と、NPO法人グリーンバレーが神山町民を対象に、月1開催している『モノストック・オープンデー』の見学へ。長野県の『ReBuilding Center JAPAN』をヒントに神山流にカスタマイズした『モノストック』の活動を紹介します。

 

モノストック・オープンデーとは・・・空き家の片付けで出た処分予定の建具や家具、食器など、まだ使用可能なものを倉庫でストック。月1回、町内在住、在勤者向けに倉庫を開放し、神山町民限定で必要な人に譲渡する取り組み。引き取りは自由だが、活動支援のために寄付を募っている。

■取材協力:NPO法人グリーンバレー

https://www.in-kamiyama.jp/

 

お話を伺ったのは・・・

NPO法人グリーンバレー 伊藤 友宏さん

2013年に神山町の求職者訓練事業『神山塾』に参加がきっかけで神山町へ移住。『神山塾』終了後も神山町に残り、しばらく町外で働いたのち、NPO法人グリーンバレーの職員に。

NPO法人グリーンバレー 林 大晟さん

大学院卒業後、就職し、岡山県でエンジニアとして働いていたが、その後、神山町へ移住。移住後、神山町内でカフェの手伝いや、すだちの収穫などの仕事をして働いていたが、2019年10月からNPO法人グリーンバレーの職員に。

 

―――『モノストック・オープンデー』を開催するようになった“いきさつ”を教えてください。

伊藤さん:町民が参加する地方創生のためのワーキンググループの中で、空き家から出たものを有効活用する手段を検討しました。このアイデアを具体化するため、他地域での同様な活動として、長野県の『ReBuilding Center JAPAN』(通称リビセン)へ視察を行い、参考にして神山町でのやり方を模索しました。そして今の形を町民からの賛同を得て、2017年1月から活動を始めています。

―――『リビセン』へ視察に行って、一番参考になったことは?

伊藤さん:リビセンでは、空き家から出た古材や古道具を回収して修理、補修(レスキュー)して販売することと、レスキューした物を活用した空間デザインの提案も行っていて、古いモノをいかした空間作りはとても魅力的で、かなり力を入れていると感じました。

ただ、グリーンバレーの限られた予算とリソース(人員)で同じようにはできないので、参考にしつつも、なるべく無理せず回収したものをそのまま倉庫において、引き取ってもらうというスタイルにしました。

 

―――引き取りの基準は?

伊藤さん:知り合いの大工さんや水道屋さんに「不要な建具やトイレや水栓などが出たときは教えてください」とお願いしていますが、基本的には持ち込みはNG。グリーンバレーに片付けを委託してもらっている空き家から出たもので、持ち主の了解を得て持ち出しています。

流れとしては

空き家紹介(内見含む)⇒ 入居者決定 ⇒ 空き家片付け ⇒ 不要品の確認(家主・入居者両方)⇒ モノストック

今年度は夏に4軒の依頼がありましたが、平均すると月1軒程度です。

―――2020年6月から始めて今回で9回目ですが、町の人の反応は?

伊藤さん:モノストックをやりたいということは2017年のワーキンググループ開催時に決まっていましたが、ちょうどいい物件(倉庫)がなかなか見つかりませんでした。2019年にやっと倉庫が見つかったのですが、「どれぐらいの人が来るのか」、「駐車場はどうするか」、「住民の理解は得られるのか」など、心配事は絶えませんでした。

そのため、「もし苦情が出たら無理には続けられない」と思ながら始めたんですが、地元の方にも受け入れられ、今では地元の方や移住して来た方たちとの交流の場にもなっています。

利用者は移住者と地元の人の割合が 7:3 か 8:2くらい。利用者は「移住者ばっかりになるかな」と思っていたので、地元の方も来てくれているのは嬉しいです。

またモノストックの活動が町の人に広まっていくことで、グリーンバレーが空き家の片付けや空き家の紹介をしていることを知ってもらえるという、広告効果も感じています。

 

―――モノストックから引き取られたものは、どんな風に活用されているのでしょうか?

伊藤さん:引き取られた後のことはあまり知らないのですが、神山在住のフォトグラファー・曲げわっぱ作家の近藤奈央さんは、大工さんが使っていた工具箱を延長コード入れにしたりして、上手く活用されていました。この様子は『イン神山』の記事の中でも紹介していますので、よかったらご覧ください。

https://www.in-kamiyama.jp/diary/56980/

 

―――今後の展開や、同じような取り組みをしたいと考えている人へ何かアドバイスをお願いします。

 

伊藤さん:今後やっていきたいこととしては、大工さんに什器の制作依頼して、襖や建具などの展示を工夫し、もっと見やすくなるようにしたいと思っていますが、基本はやっぱり、「無理しないこと」。今後も持ち込みの受け入れはしない予定ですが、扱う物の量をなるべく絞るということも、管理の負担を減らし、長続きできる方法と考えているからです。
最初からリビセンの活動を目指すとハードルが高すぎると思うので、協力者を募ってできるところから始めるのがいいと思います。

 

―――世界全体でSDGsに取り組んでいこうという流れがありますが、活動を通じて思うことは?

 

伊藤さん:神山ではSDGsという言葉が使われる前から空き家活用に力を入れていました。そういう意味では時代に先駆けた活動を行っている地域と言えるかもしれません。参考になることがあれば、ぜひ取り入れていただき、それぞれの町で役立ててもらえたらと思います。

捨ててしまえばゴミになってしまう古道具の中には、今では作れないものも多くあります。「古いから」、「今使う人がいないから」という理由で捨てられるのが当たり前になる世の中は、つまらないなと思うので、そうしたモノが再利用されるチャンスが各地にあればと思います。

 

林さん:古いものを当時の使い方で使うのではなく、現代に合わせた新しい使い方をしているのを目の当たりにすると、とても面白いなと思います。神山にはモノづくりに精通している方が多くいらっしゃるので、自分たちには思いもつかないアイデアで活用されたり、当時の使い方を教えてもらったりととても勉強になります。古いモノを使い続ける知恵や新しいアイデアの組み合わせが、持続可能な社会の実現に欠かせないのではないかと思います。

 

―――ありがとうございました。

 

 

【見学を終えて(感想)】

実用的なもの、貴重なもの、珍しいものまで様々なものがありました。学校のグラウンドにあったライン引き(ラインカー)も!倉庫に引き取られるのは、空き家の片づけで出た不要品の1割程度とのことで、どれだけのものが捨てられているのかということに驚きました。

また、見学させて頂いた中で一番いいなと思ったのは、町の人たちが倉庫にある古いものを見ながら、コミュニケーションの場になっていることです。
こういった取り組みを続けていくことで、不用品の有効活用が進むだけでなく、住民の中で古き良きものについて考え、大切にするという価値観が根付いていき、町を元気にする方向に作用するのかなと思いました。

見学させていただき、自分が美波町で何をやっていくべくかを考えると、自分なりに美波町の課題を整理した上で、住民の方を交えた『空き家について考えるワークショップ』を企画したいと思いました。

このワークショップは住民の意見を取り入れる機会としてだけでなく、住民の方のコンセンサスを取った活動として進められるようにしていきたいと思います。

また、ワークショップをする上で参考にしたい事例として、取材で訪れた神山町の公共施設『鮎喰川コモン』建設前に活用方法を検討する『まちのリビングを考える』を知ることができました。

この『まちのリビングを考える』の中で子ども会議といって小中学生にも意見を聞き、考える機会を設けているという部分を特に参考にしたいと思いました。

空き家の利活用を考えるということは、町の未来を考えるということになると思うので、未来の担い手である子どもたちや同世代の方、そして今まで町を造ってきて頂いた世代の方にも参加してもらえる会を地域おこし協力隊の任期中に企画・開催し、その後も美波町の空き家利活用にかかわり続けたいと思っております。(文責:本間友樹)

3月13日、14日開催!今回の『JOIN』は完全オンライン!

例年、東京ビッグサイトで開催されている『移住・交流&地域おこしフェア』、通称『JOIN』。

1月に開催を予定していましたが、緊急事態宣言が出たために延期となり、今回、完全オンラインで行なわれることになりました。

Zoomを使ったオンラインでの移住相談の他、「田舎暮らしの本」編集長によるトークショーや元地域おこし協力隊でタレントの半田あかりさんが体験談がYouTube Liveで配信。

また、「移住先を決めていない」「どこかいいところがあれば移住したい」という漠然と移住を希望している人のはじめの一歩となるよう、事前登録で、スカウトメールが届くという試みも。

事前に年代や家族構成、移住や田舎暮らしで気になるキーワードを登録しておくと、条件と合致する自治体から「うちの町の話を聞いてみませんか?」といったようなスカウトメールが届くかも。 相談すると特産品がもらえる自治体もあるので、興味のある人は事前登録が断然おすすめです。

フェア実施期間の相談や事前スカウト登録でJTBえらべるギフト(3万円分)、シェフグルメ券(5000円分)、ご当地クオカードなど豪華賞品が当たるチャンスが!
相談件数が多いほど当選確率UPするそう。

昨年からこうした全国規模の移住フェアの多くが中止になっているので、各県や各市町の担当者と直接話して比べたいという人には絶好の機会。
しっかり情報収集して、移住準備、してみてください。

移住・交流&地域おこしフェア2021

開催日 2021年3月13日(土)、14日(日)10:00~18:00

申し込みなどは専用サイトから!
https://www.iju-join.jp/feature_cont/file/083/index.html

※四国の右下エリアの全市町は2日間とも参加します!ぜひご相談ください!

 

 

 

使わなソン、ソン♪もっと!とくしま応援割

徳島県民限定『とくしま応援割』第3弾、『もっと!とくしま応援割』が令和3年3月1日から始まります!

『とくしま応援割』は徳島県民を対象に、県内の登録宿泊施設で宿泊をすると1泊1人最大5,000円を割引し、県内の観光施設などで使える周遊クーポンがもらえるというもの。

2月末までは第2弾『冬の応援割』の利用が可能だったので、県内の温泉宿で冬の味覚と共にゆったりとした時間を楽しんだ方も多いようです。

コロナ禍で県内や町内など、近場での観光を楽しむマイクロツーリズムの人気はますます高まっています。

2021年2月末には岐阜、愛知の東海2県、京都、大阪、兵庫の関西3府県、福岡の計6府県が緊急事態宣言解除となるようですが、灯台もと暗し!

町内、市内のホテルや旅館を活用し、観光客気分を味わってみると「四国の右下のおすすは?」と聞かれたときに、「あのホテルでこんなの食べて美味しかったよ」「この旅館のサービスがよかったよ」など、普段、気付かない地域の魅力を発見できるかも知れません。

話のネタに、活用してみては?

詳しくはコチラのサイトをチェック!
https://www.awanavi.jp/topics/motto-ouen.html

 

 

移住関係者必見!「関係人口の創出&深化に向けて」研修会開催

阿南市では、阿南市と地方創生に係る包括連携協定を締結している大正大学の中島ゆき主任研究員を講師に迎え、関係人口「創出」か「深化」か政策立案と取り組みのツボと題したリモートによる講演会を行います。
同時に、地域おこし協力隊の実例発表、「阿南SUPタウンプロジェクト2020」の成果報告、意見交換会も実施予定。
四国の右下エリアの移住関係者の交流を深める機会になればと思いますので、興味のある方はぜひご参加ください。

関係人口の「今日までそして明日から」関係人口の創出&深化に向けて研修会

日 程:3月16日(火) 14:00~
場 所:NuuN(阿南市富岡町今福寺49-10)
   対 象:自治体職員、地域おこし協力隊、移住関係者
申 込:阿南市ふるさと未来課(sien@city.anan.lg.jp)または
    大正大学地域構想研究所阿南支局
    (s_suzue@mail.tais.ac.jp)まで

「波乗りオ フィスへようこそ」がドライブインシアターで上映!

美波町に本社を置くIT企業サイファー・テック株式会社をモデルに2019年に公開された映画「波乗りオフィスへようこそ」。

3月27日(土)、美波町のドライブインシアターで上映が決定しました!

まだDVD化されていないので、まだ見ていないという方も、2回目、3回目という方も、ドライブインシアターをぜひご体験ください!

2021年2月22日(月)からチケット販売開始。先着50台までです。

上映作品 : 波乗りオフィスへようこそ
出演 : 関口 知宏、宇崎 竜童 他
日時 : 3/27(土) 18:45~20:45 ※悪天候の場合3/28(日)へ順延
料金 : 3,000円(車1台)
販売所 : 美波町観光協会・案内窓口(0884-77-1875)
主催 : 美波ドライブインシアター実行委員会
※会場内でお弁当、飲み物を販売しております。

「四国の右下」クリエイターが撮ったコロナ禍の新しい生活

徳島県では、新型コロナウィルス感染症への対応の中で、「新しい生活様式」を実践する県民・事業者などの「新しい生活」を、県内クリエイターが映像コンテンツなどで魅力的に発信する「徳島県_新しい生活の補助線」プロジェクトを行っています。
このプロジェクト内で「四国の右下」エリアのクリエイターの映像も公開されています。
まずは牟岐町の元地域おこし協力隊で映像クリエイターの小林大介さんの作品。
言葉では言い尽くせない、県南での暮らしの魅力を映像で感じることができる作品です。ぜひご覧ください。
そして那賀町の元地域おこし協力隊で任期終了後、ドローン撮影のアテンドなどを行う一般社団法人地域おこしドローン社を起業した喜多さん。
同じく那賀町の元地域おこし協力隊で、任期終了後、相生晩茶の生産者となった森さんの晩茶作りを映像で記録しました。
コロナ禍でも昔ながらの晩茶作りを続けています。
もうひとつは阿南市にお住まいの井澤さんの作品。
SUPでのまちおこしに取り組む「サステイナブル阿南」が、昨年10月に開催した『SUP TOWN ANAN CUP 2020』の様子が動画で紹介されています!
動画で見ると「四国の右下」の暮らしがよく分かってもらえるのではないでしょうか?
地元に住んで居いる人も映像を通してみると、「こんな魅力があったんだ」と改めて気がつくかも知れませんね。
他にも魅力的な映像が満載ですので、ぜひサイトをご覧ください。

締め切り迫る!「徳島かんきつアカデミー」令和3年度受講生を募集

徳島県はゆず、すだち、みかんなど柑橘の栽培が盛んです。

就農希望の方で「柑橘をやりたい」という問い合わせもあります。
そうした要望を受け、平成31年3月に栽培から流通・販売に至る一貫した技術を学ぶことができる「徳島かんきつアカデミー」が開講しました。

現在、令和3年度受講生を募集しています。

申し込み締め切りは令和3年2月19日(金)までです!

 

徳島かんきつアカデミー募集要項

(1)募集人数

ア 特定技術力向上コース10名程度

イ 中核的人材育成コース5名程度

(2)受講期間

ア 特定技術力向上コース選択科目毎に数日程度

イ 中核的人材育成コース原則1年間

(3)受講費用

ア 特定技術力向上コース
(A)接木と整枝剪定 4,100円
(B)栽培管理 4,920円
(C)病害虫防除と土壌管理 3,280円
複数選択された場合は、それぞれの合計額となります。

イ 中核的人材育成コース 16,820円

※両コースでも、別途、テキスト代、傷害保険料、免許取得に係る費用が必要です。
また、作業着、長靴、カッパ、手袋、せん定ばさみなど、個人の所有物となるものは各自でご準備いただきます。

(4)募集期間

令和2年10月1日(木)から令和3年2月19日(金)まで

(5)応募資格

次の全てを満たす者
1令和3年4月1日現在で満18歳以上の者
2徳島県内で就農している又は就農を予定する者又は農業参入を考えている企業等の従業員
3徳島県内在住者又は徳島県内移住予定者
4令和3年4月1日から1年間の傷害保険に加入する者

(6)選考方法

ア 特定技術力向上コース 書類審査のみ

イ 中核的人材育成コース 書類審査・面接審査

※詳細は下のHPをチェック!

https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/nogyo/5040937/

 

書類提出先

「かんきつテラス徳島」
〒771-4301徳島県勝浦郡勝浦町大字沼江字中筋11-12
農業大学校(勝浦) 電話:0885-42-2545,ファクシミリ:0885-42-2574
e-mail:nougyoudaigakkou@pref.tokushima.jp
※平日午前9時から午後5時まで(土曜日,日曜日,祝日は休み)

お問い合わせ
農林水産部 農林水産総合技術支援センター農業大学校 かんきつ人材育成・交流担当
電話番号:0885-42-2545
FAX番号:0885-42-2574

最大50万円まで支援!リスタート!新しいとくしま暮らし支援金

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、「新しい生活様式」の導入・定着が図られている中、新たな価値観を地方に求め、「とくしま暮らし」を希望される県外の学生の方が、「徳島県で学び・働き・暮らす」ことができるよう多様な進路選択の機会を確保するため「リスタート!新しいとくしま暮らし支援金」制度を創設しました。
詳しくは「とくしま回帰推進課」までご連絡いただくか、オンライン申請も可能です。
詳細はHPをご覧ください。
問い合わせ
とくしま回帰推進課
TEL:088-621-2089
FAX:088-621-2829

那賀と美波の2組の家族が語る!移住生活のリアル

徳島県の広報番組「あわリポ!」。
先日、ケーブル12でも放送されましたが、YouTubeでの公開も始まりました!
今回の「あわリポ!」は、「移住」についての特集です。
那賀町(もちもちデザインの谷澤さん)と美波町(鈴木商店の小林さん)に移住してきた2組の家族と、移住をサポートする徳島県の制度を紹介しています。
ぜひご覧ください。