ブログ

ブログ

四国の右下

動画で見る牟岐の暮らし

牟岐町への移住情報や地域の暮らしを紹介している『牟岐人(MUGIZINE)』。
https://mugizine.jp/

移住者インタビューの他にも炭窯に挑戦する人達を紹介した動画などもアップされています。

YouTubeの紹介文には「徳島文理大学メディアデザイン学科 坂本 由貴 牟岐町西又地区で備長炭作りを通じて、地域の交流人口の増加や地域活性化に取り組むある老人の挑戦を追ったドキュメンタリー作品」との説明あり。

そして、もう一本、学生の視点から炭窯や牟岐の暮らしを捉えた動画も。

これも同じく、製作者:徳島文理大学メディアデザイン学科 中村 有梨沙さんの作品です。「 牟岐町西又で大学生が備長炭作りに挑戦。 日常生活では経験することのない作業に苦労しながらも、牟岐の魅力を発見していく」ものです。

「休日の過ごし方は?」と聞かれ、「ゴロゴロしている」と答えていた学生たちが備長炭作りにチェレンジする姿はまさに未知との遭遇。

こうし動画も参考に、四国の右下で、自分なりの楽しみを見つけてください。

四国の右下

360度映像で、空き家をチェック!那賀町空き家バンクの試み

最近、首都圏の不動産屋さんのサイトなどでも人気の360度カメラ。
現地に足を運ばなくても物件を見渡せるとあって、徐々に物件紹介のスタンダードになりつつあります。

その手法を空き家探しにも役立てようと、那賀町の空き家バンクで360度カメラを使った物件紹介が始まりました!

周囲の状況や天井に雨染みがないかなど、自分の気になるところを詳しくチェックできるので、物件探しに重宝しそう。

これにより空き家のマッチングが進むことを期待したいですね。

那賀町空き家バンク紹介

http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/iju/movie/779742.html?fbclid=IwAR2HKkpHxRKW1XYc4EpNYc3Z3akD9qX-7WYYt3oHOXHryv5WGFxig_Bcg3E

 

 

 

お待たせしました!今年の牟岐アワビまつりは5月2日、3日!

移住情報と並び、様々なイベント情報の中でも上位のアクセス数を誇る『牟岐アワビまつり』。2020年は5月2日(土)、3日(日)の開催予定です。

とはいえ、新型コロナウイルス感染症の影響により、イベントを中止にする場合があります。一日も早く終息してイベントが無事に開催されることを祈ります。

GWはぜひ、四国の右下へお越しください!!

 

2020年度あさてつファンクラブ 会員募集中!

阿佐海岸鉄道(通称:あさてつ)では2020年度も「あさてつファンクラブ」会員を募集しています!

DMV(デュアル・モード・ビークル)の世界初の本格営業運行も迫り、鉄道ファンはもちろん、新しい観光スポットとしても注目を集めています。

会員になると・・・

・ファンクラブ特製会員証発行
・記念乗車券【往復分】(入会時)と限定グッズ(夏以降)をもれなくプレゼント
・抽選で地元特産品をプレゼント(年4回)
・協賛店での割引きサービス(会員証提示)

などの特典もあり!ぜひこの機会にお申し込みください。

下の申し込みフォームからも応募できます。
http://asatetu.com/contact/

 

四国の右下

期間限定!徳島国際映画祭 オンライン特別配信

令和2年3月26日~29日に開催予定だった「徳島国際映画祭2020」も新型コロナウイルスの感染拡大の防止等の観点から中止になってしましました・・・。

が!「自宅でも徳島や映画の魅力に触れ、楽しんでいただく機会を提供したい」という思いから、期間限定で徳島国際映画祭 オンライン特別配信が行われます!!!

これまでの作品を「見たかかったけど、見逃してしまった」「会場へ行けなかった」人にとってはうれしいサービス。

那賀町の桜谷小学校を舞台にした『桜谷小学校 最後の174日』も再生リストにありますので、この機会にぜひご覧ください。

公開期間 令和2年3月19日(木)から令和2年4月17日(金)18:00まで

○徳島県チャンネル(徳島国際映画祭 オンライン特別配信企画再生リスト)

3月末〆切!阿南市でカフェ運営に携わる地域おこし協力隊募集!

2002年3月末まで、阿南市椿地区で地域住民が運営するコミュニティカフェを経営するとともに、観光客誘致を行う地域おこし協力隊員を1名を募集中!
活動は「NPO法人 出会い・ふれあい四国最東端」がサポートします。

阿南市の地域おこし協力隊といえば思い出す「VS自分」のスローガン。
四国の右下で新しい自分と出会ってみませんか?
みなさまのご応募お待ちしています!

詳しくは下のサイトをチェックしてください。

https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/38320

古民家をゲストハウスに改修 人材育成&交流の場づくり

“阿波のチベット”と呼ばれる那賀町木沢地区。この山深い地域に、Airbnb(エアビーアンドビー)でスーパーホストに選ばれ、外国人が続々と訪れているゲストハウスがあります。それが『ゲストハウス杉の子』です。オーナーの桑高仁志さん(写真右)がゲストハウスをはじめることになったいきさつや、木沢に暮らす思いを寄稿いただきました。

プロフィール/桑高仁志
群馬県伊勢崎市出身。大学では社会福祉を専攻、災害支援やボランティア活動に打ち込む。新潟県中越地震支援を機に新潟県小千谷市に移住。地域復興支援員として中山間地支援に携わったのち、2013年4月に徳島県那賀町へ。地域おこし協力隊の任期終了後、古民家ゲストハウスと合同会社を設立、地域の中の居場所作りと人材育成に取り組む。

おばあちゃんだって地域資源 ~協力隊時の活動~

地域おこし協力隊以前、新潟県の「地域復興支援員」という形で中山間地支援に携わっていました。しかし徐々に“サポーターではなく、地域プレイヤーになりたい”という気持ちが強くなり、新たな地での再チャレンジとして地域おこし協力隊の道を選びました。徳島の知人の紹介もあり、2013年春に徳島県那賀町地域おこし協力隊として移住生活を再スタートしました。
協力隊1年目はまちづくり団体担当でしたが、2年目に今の木沢地区担当になりました。しかし着任と同時に保育園・小学校が閉校、意気消沈する地域の中で“住民は何を望んでいるのか?”それを知るために全戸訪問をしました。


そんな中、出会ったのが平均年齢70才ほどの愛育班*の女性たち。30年続いた地区女性グループの解散式で保健師さんから「この人たちを頼む」と託され、集いの場をどうしていくかを愛育班中心メンバーと話し合いました。女性たちから出たのは「みんなで集まって料理や裁縫、唄を歌いたい」という前向きな夢。そこで“一人ひとりが生徒で先生、娘に戻って楽しめる楽校づくり”を目標に『杉の娘楽校(以下、杉の娘)』がスタート、自分が事務局を引き受けつつ地元と二人三脚で現在に至ります。

主な活動としては月一回のサロンや遠足ですが、マンネリを避けるため提案した年1回の手作り文化祭は地域に笑いを届ける名物行事となりました。保健師に託されて始まったボクと姑30人の不思議な共生関係ですが、その後の地域インターンシップや交流事業に協力してくれるかけがえのないパートナーが生まれた瞬間でした。
居場所の次は、学び手ということで首都圏学生5名による地域インターンシップを企画。地域行事への学生参加や個人史聞き取りを実施し、杉の娘との郷土料理交流や小学校での学生発表会を通して多世代交流の場づくりを図りました。

*『愛育班』…昭和初期、農山漁村の母子の健康づくりを目的に全国普及。木沢では保健師活動のサポートほか地区高齢者の見守りなどに取り組んでいた。

 10年かけてホントの協力隊になる

3年目は、交流の場と自身のナリワイづくりを目標に『古民家再生ゲストハウスづくり』に取り組むことにしました。
杉の娘の紹介で築150年の古民家を借り、首都圏建築学生団体-空き家改修プロジェクトをはじめ地元大工や左官職人の協力を得ながら年6回の建築ワークショップと地道なDIYにより、1年がかりの空き家再生になりました。改装費用は協力隊の活動費や起業経費、ほか国県の補助金で賄うことができました。これらの経験は空き家再生に関する大きな学びになり、ワークショップ時の民泊体験では学生・地域間の繋がりがさらに深まったことが印象的でした。改修と同時進行でゲストハウス運営主体の法人設立を町と協議。比較的設立費用が少なく1人から始められる「合同会社」を選択、“木沢の未来を繋いでいく”そんな想いを込めて会社名・ゲストハウスは『杉の子』と名付けました。また簡易宿泊所と飲食店営業の2つの許認可を取得し、平成28年4月、合同会社・ゲストハウスによるナリワイづくりが始まりました。

これからのナリワイとやりがいの場づくり ~ゲストハウス運営と生き方探し~

協力隊を卒業した現在、「①合同会社の月額報酬 ②出前講師や原稿執筆料 ③草刈りバイト」の複業で生計を立てています。
ゲストハウスは1組限定の一棟貸しとして地元野菜を使った郷土料理を提供、基本は自分が接客(予約管理/清掃/布団/事務全般)、杉の娘のえみこさんが調理と食材仕入れを担当しています。開業2年目に民泊仲介サイト大手Airbnbに掲載したところインバウンド(訪日外国人観光客)利用が急増、年間200人近い外国人が訪れるようになりました。平均4週間のバカンス滞在のインバウンドは連泊利用が多く、当初全力でのおもてなしはせいぜい1組という理由が回りまわって顧客満足度の高い観光案内やホスピタリティ提供につながっています。また築150年の建物や雄大な自然美もさることながら素朴なえみこさんの郷土料理が一番人気で、今後は料理教室の開催等で新たな顧客の取り込みを図っていきたいと考えています。


しかしながらゲストハウス運営はあくまで収入源、一番大切にしているのは杉の娘や学生たちとの交流事業です。ゲストハウスは地域イベント時の学生滞在施設であると同時に杉の娘をはじめとした地域住民との出会いの場、イベントスペースとしても活用しており、これは小学校が担っていた多世代交流の場・拠り所を少しでも補完できればとの思いからです。

全国的に言えますが、高齢化の進む地域はありとあらゆる「後継者不足」です。僕の住む木沢に現役大工はいませんし、電気屋や水道屋も1人だけです。森林・土木・観光関係でも従業員の高齢化が進んでいます。これから地方移住を考える方は「起業」以外にも、僕のような『複業』・手に職をもつ『継業』といった選択肢もあるのではないかなと思います。都市に比べて選択肢が少ない地方は、一人で何役もこなさないといけません。代わりの人がいない分お付き合いや地域の出役など“求められること”は多いですが、だからこそ必要とされる生き方が出来る場所なのだと思います。互いに必要とし必要とされる社会、地元の方がここに暮らしていて良かったと思えるような地域づくりをこれからもお手伝いしていきたいと思っています。

 

ゲストハウス 杉の子
那賀郡那賀町寺内字寺内18番地
宿泊料 大人1名 8000円~(季節料金あり)
問い合わせ
TEL:080-6537-9319 担当;桑高
HP:https://kuwatakared.wixsite.com/suginoko/
メール:gh.suginoko@gmail.com
FBページ:https://www.facebook.com/gh.suginoko/

移住後の仕事にお悩みの方に朗報!? 令和2年度「地方創生推進員(移住希望者を対象とした県会計年度任用職員)」募集、始まりました

移住したいけど、仕事が・・・(´-ω-`)ウーン

という人に注目して欲しいのが「徳島県地方創生推進員(県会計年度任用職員)」。

 

どんな仕事があるのか、今後、どうするかは現地に行ってからゆっくり考えたいという人や、これまでのスキルや経験を活かした仕事をしたいという人は、推進員の仕事にチャレンジしてみるのもいいかも。

四国の右下エリアでは徳島県南部総合県民局阿南庁舎、美波庁舎で勤務する人を募集しています。

詳しくは下のサイトをチェック!

https://tokushima-iju.jp/docs/2017suishinin.html

プロに聞く!とくしまの空き家活用のヒント②

2019年11月、12月に県内3カ所で「とくしま空き家活用セミナー&相談会」を開催しました。

お仕事などで来場できなかった人のために、セミナーの内容を撮影し、YouTubeで公開しています。

中でも毎回人気なのが、徳島県移住アドバイザー小林陽子さんのお話。
空き家の利活用の第一歩は家の片付けから。ぜひご視聴いただき、空き家活用について考えてみてください。

 

サテライトオフィス、移住創業、観光振興 新たな“にぎわい”が生まれる美波町 美波町にみる空き家活用 影治信良町長インタビュー

サテライトオフィス誘致や学童の多拠点就学を可能とするデュアルスクール制度を日本で初めて実現するなど、先駆的な取り組みを行っている徳島県南部の町・美波町。移住者の増加により、古民家を活用した飲食店なども次々と開業し、町には新たな“にぎわい”が生まれています。地域振興モデルとして注目を集める美波町の影治信良町長に、空き家対策とまちづくりについてお話を伺いました。

移住コーディネーターは
町のスカウトマン

人口減少対策として、県内でもいち早くサテライトオフィスの誘致と移住促進に取り組んできた美波町。町への移住を呼びかける中で、以前からボランティアで移住者のお世話をしていた小林陽子さんを、町長直々に移住コーディネーターに任命したのが、2014年。住居や仕事など移住に関するあらゆる相談に応じ、移住後のアフターフォローも行う民間の専任者を設けたことが、いい結果に繋がっているといいます。


▲美波町のにぎわいづくりのきっかけになったサテライトオフィス。現在は県内最多の19社があり、その火付け役となった『サイファー・テック株式会社』および『株式会社あわえ』の代表取締役吉田基晴氏をモデルにした映画『波乗りオフィスへようこそ』は、2019年春に全国で公開された。

「町をよく知る陽子さんが、ゆるやかにフィルターになって、いい人達が来てくれているように思います。長野県から姉妹で移住した韓国料理の『オモニ』さんや『みなみ食堂』さんは、陽子さんが移住のマッチングイベントなどでスカウトした方々。
他にも移住創業される方が増えていて、地域おこし協力隊で美波町に来た園木さんが桜町通りに出店した『まめぼん』という古民家イタリアンや、『藍庵』など空き家を利用したお店が次々にオープンして、週末ともなるとそれぞれのお店を目当てに遠くから来られる人もいるようです。おかげで、美波町はにぎわっていますねという声を聞くことが多くなりました」。

▲長野県から移住し、JR日和佐駅の近くで韓国家庭料理『オモニ』を営む姉妹。写真右が移住コーディネーターの小林陽子さん。小林陽子さんは、空き家の交渉や生活用品の処分など長野県から頻繁に町へ通えない姉妹に代わり、移住創業をサポート。

▲ランチタイムには石焼ビビンパset(1300円)など、お得なメニューもあり人気。
韓国家庭料理『オモニ』/徳島県海部郡美波町奥河内字寺前490-4/TEL: 0884-70-1464/営: 11:30~15:00、17:00~22:00/定休日:火曜

仕事と住まいの問題を一挙解決!
美波町の移住創業支援

このような移住成功例も追い風となって、空き家を提供したいという人が多いのも、美波町の特徴です。空き家バンクとしてインターネット上での公開は行っていませんが、美波町役場では空き家調査を行い、状態をA~Dに格付けして件数を把握しています。
「Aは希望があればすぐに使える家。Bは少し改修が必要、Cは活用が難しい家、Dは除却レベルの“特定空き家”に近いものです。Dランクの物件については、平成31年度から空き家対策協議会(特定空き家部会)というのをつくり、それぞれの事情を加味しながら、慎重に話し合いを行っています」。Dランクに該当する空き家は少数で、ほとんどが活用可能な空き家。そのため地元の人の利用も広まり、転出抑制に繋がっているといいます。
改修が必要な場合も町独自の支援制度があり、定住促進補助金として増改築費用の2/3以下、上限200万円を補助。起業する人にはプラス小規模起業支援補助金として100万円の助成もあるため、移住創業する人にとっても、資金面でかなり手厚いサポートを受けることができます。

景観にも配慮した
町づくりを目指して

今後30年の間に80%の確率で起こるといわれている南海トラフ巨大地震。海辺の町・美波町では地震に備え、町民の防災意識は高く、自主防災組織も活発に活動しています。定期的に防災訓練も行われ、そうした際に避難路に面した空き家は、倒壊の可能性が高い場合、持ち主に取り壊しを依頼することもあるといいます。
「他にもブロック塀が倒れて、避難路を塞ぐ危険性のある場合はブロック塀の除去の支援制度、除去後、ブロック塀の代わりに生垣にする場合はその助成制度もつくって、景観にも配慮した支援を行いたいと思っています。防災のためにただ壊すのではなく、古い町並みの雰囲気は残しながら、命を守る避難路の整備と共に、町づくり全般にいかしていきたいと考えています」。

インバウンド向けの
環境整備も着々と

美波町が『ワールドマスターズゲームズ2021関西』のトライアスロンの開催地に選ばれたことで、住民の意識が「さらに変わるきっかけになるのでは」という影治町長。
「町内の宿泊所や飲食店、お土産屋さんなどは、まだ外国人慣れしていないところをもありますが、2021年の5月の開催に向けて、キャッシュレス決済の導入や、ちょっとした英会話ができるよう、それぞれのお店でおもてなしの準備が進んでいるようです」。
「町としてはフリーWi-Fiの設置場所を増やしたり、美波町は観光の町なので、由岐地区も日和佐地区も公衆トイレがわりと多いので、トイレの洋式化も行っています。3年かかって由岐地区は完了したので、次は日和佐地区。ワールドマスターズまでに、どうにか間に合わせたいですね」。

“にぎわい”の種は
地域への愛情

美波町の人口は約6600人。高齢化率46%を超す過疎の町ながら、こうした数字とは裏腹に、町には活気が感じられます。
「 “地域活性化”とまではいかなくても、たしかに“にぎわい”のようなものはありますね。一人ひとりがいきいきしているというか。地域に対する愛着や、町が良くなって欲しいという気持ちの強い人が多いように思います。
ただ、いろんな考え方の方がいらっしゃるから、すべてがうまくいっているかというと、そうではない。意見がまとまらない場合もありますが、大局をみると、そうした議論を重ねながらも前進していると言えるのかもしれません」。
個人の資産である空き家も、町を構成する要素と考え、まちづくりという大きな視点でのリノベーションが進む美波町。町を歩いて、その雰囲気をぜひ、感じてみてください。

▲うみがめの産卵地として知られる大浜海岸や厄除けの寺・薬王寺、うみがめトライアスロンなど観光地としての魅力も満載。日和佐八幡神社秋祭り(秋季例大祭)では8台のちょうさ(太鼓屋台)も必見。

ページ
上部へ