ブログ

レンタルバイクで美波町を探索しよう♪

美波町、薬王寺の門前町「桜町通り」のにぎわい復活を目的に活動をする地域団体「日和佐 発心の会」が、ウィズコロナ時代の観光事業として、電動バイクのレンタルサービスを2021年4月1日からはじめました。

レンタルできるのはこんなかわいい電動バイクです!!!!


BLAZE SMART EV(ブレイズスマートEV)
走行可能距離:30㎞ 最高速度:30㎞/h 重量:18㎏
※運転には原付一種の免許が必要(普通自動車免許でも可)

今回の電動バイクプロジェクト「ミナミ まちめぐり」を企画した美波町地域おこし協力隊 西蔵 祥大 さん(「日和佐 発心の会」所属)にお話を伺いました!

今回のプロジェクトを始めようと思ったきっかけは?

四国八十八ヵ所霊場23番札所薬王寺には年間100万人以上(コロナ前)の参拝者が訪れていますが、桜町通りや『日和佐うみがめ博物館カレッタ』など、町内の他の観光スポットまではあまり足を運んでいただけていないという状況です。そのため薬王寺への参拝された方が他のところへも立ち寄ってもらえるようなことができればと考えました。

電動バイクを活用しようと思った理由はありますか?

ウィズコロナ・アフターコロナの観光として、密を避けた一人(または少人数)の移動方法としてバイクを考えました。バイクを利用することで短時間で主要なスポットを回ることができるうえ、美波町の自然を楽しんでもらえるよう、エンジン音がしない電動バイクなので、波の音や風の音を感じながら散策できます。

おすすめの散策コースは?

町内を気ままに散策していただくのもいいですが、分かりやすいよう、2つのコースを作りました。海沿いを走って恵比須浜の方まで行く「かめたろうコース」、南阿波サンラインの第一展望台へ向かう「かめじろうコース」、どちらもぜひ体験してみてください。

かめたろうコース

かめじろうコース

ご利用いただいた方の中には電動バイクに乗った写真をInstagramにアップしてくださる方もいらっしゃいます。
「#ミナミまちめぐり」で検索すると美波町で電動バイクを利用している写真がたくさん出てきます。

このプロジェクトが新しい観光スタイルのひとつとして定着し、たくさんの人の体験してもらえたら嬉しいので、美波町を訪れた際にはぜひご利用ください。

電動バイクのレンタル利用について

貸出時間 10:00~17:00
定休日: 月・火曜(祝日の場合は変動あり)
貸出場所 美波町門前町再生交流オフィス
(徳島県海部郡美波町奥河内字寺前228番地)

貸出申込

1.事前予約フォーム、電話(090-8970-9250)又はe-mailにて利用日3日前までに予約

※貸出可能な電動バイクが当日ある場合は当日受付も利用可能です

2.ご利用日当日は、貸出場所へお越しください

3.運転免許証の提示等、受付の手続きを行い、注意事項の説明を受けてください

4.利用時間終了までに貸出場所にご返却ください

貸出車種

BLAZE SMART EV(3台所有) ※車種について

※運転するには原付一種免許が必要です(普通自動車免許でもOK)

利用料金

1台につき1時間 2,000円

留意事項

1.電動バイクは電気エネルギーで走行するエコで環境に優しいバイクです。ヘルメットを着用いただき、公道を走ることが可能ですが、道路交通法等厳守の上ご利用ください。

2.当日のキャンセル・変更は料金が100%発生します。

3.制限重量は、120㎏まで可能です。走行条件により最大速度、バッテリー負担が変化致します。(※55㎏の方で30㎞走行可能)

4.雨天、荒天時にはレンタルを中止する場合があります。

5.利用可能な電動バイクが当日ある場合は、当日受付も受け付けております。事前にご連絡いただきご確認ください。

5.その他ご不明な点については、お問い合わせください。

 

発心の会HP
https://sites.google.com/view/hossin-no-kai/

発心の会Instagram
https://www.instagram.com/hosshin_23/?hl=ja

 

 

令和3年度徳島県移住相談会in大阪について

2021年4月24日に発出された緊急事態宣言の期間延長に伴い、大阪ふるさと暮らし情報センターでは移住相談業務を縮小しています。

これに伴い、5月に予定していた大阪での月イチ移住相談会は中止になったのですが、6月からはオンラインを中心に移住相談会を実施します。

その日程が決まりましたので、お知らせします!

なお、大阪ふるさと暮らし情報センターでは5月31日まで対面での移住相談は中止していますが、以下の事業は継続しているとのこと。「緊急事態宣言」は延長される場合がありますので、ご来場の場合は必ずホ-ムペ-ジにて最新の状況をご確認ください。

 

大阪ふるさと暮らし情報センター

継続する事業
・移住情報コ-ナ-の閲覧
・ホームページによる移住情報の提供
・メールおよびオンライン(要予約)による移住相談

対象期間
4月25日(日)~5月31日(月)
開所時間に変更はありません。
開所日時:火~土/10:00〜18:00 ※日・月・祝を除く

移住相談をご希望の方へ
お問合せフォームはこちら

大阪ふるさと暮らし情報センターでの無料相談のご紹介・ご予約・メルマガ配信のお申込み

オンライン移住相談について
お申込みはこちら

【大阪ふるさと暮らし情報センター】オンライン移住相談受付中

個別相談会の中止情報について
詳細はこちらをご確認ください。

【重要】緊急事態宣言の発出に伴う「個別相談会」の開催中止について

四国の右下公園情報【那賀町・美波町・海陽町+小松島市編】

※徳島県では令和3年4月29日(木)から令和3年5月5日(水)までの間、県有施設を休館にすることがが決まったため、同様の期間、公園の利用も休止となっているところがあります。ご迷惑をおかけいたしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご協力をお願いいたします。

 

阿南市に引き続き、無料で利用できるの公園情報を紹介します。
隣接する小松島市の情報もあわせてご覧ください。

 

小松島市の公園

小松島ステーションパーク

  • 国鉄小松島線・小松島駅駅舎

 

公園名 小松島ステーションパーク
住所 徳島県小松島市小松島町新港29−13
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/oCk2Sw7A4zRoTghn9
駐車場
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児〜小学生

公園の特徴

「たぬき広場」と「SL記念広場」の2つの広場に分かれています。「たぬき広場」には世界最大級のたぬきの銅像があり、SL記念広場には開業当時の国鉄小松島線・小松島駅駅舎が再現されていて、蒸気機関車が展示されています。

地図

 

しおかぜ公園

 

公園名 しおかぜ公園
住所 徳島県小松島市小松島町外開
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/icaHZe6xXQV2fTGG8
駐車場 普通車22台
車椅子用2台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

芝生と砂地の両方があり、公園中央にはスライダーがある複合遊具が設置されています。また、公園内には日時計や海のモニュメント設置されており、公園内を散策して楽しむことが出来ます。

地図

 

那賀町の公園

相生森林文化公園あいあいらんど

  • 石のモニュメント

 

公園名 相生森林文化公園あいあいらんど
住所 徳島県那賀郡那賀町横石大板53−19
開園時間 9:00~17:00
月曜日、年末年始(12/30~1/3) 定休
※月曜日が休祭日の場合は翌日
※天候・災害等による臨時休園有
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/YzVn1Xer7jUonYkB7
駐車場 60台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児~中学生

公園の特徴

コテージ宿泊やBBQ場のご利用がメインの施設ですが、施設内公園と広場の利用だけでもOK。
施設内に様々なモニュメントが設置されおり、お散歩も楽しい場所です。あじさいの名所としても知られています。

地図

 

道の駅 鷲の里

  • 道の駅 鷲の里

 

公園名 道の駅 鷲の里
住所 徳島県那賀郡那賀町和食郷田野62
開園時間 要確認
利用料金 ロープウェイ有料
アクセス https://goo.gl/maps/EKsXXK8MCysFuv3i6
駐車場 普通車150台
大型車10台
車椅子用2台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児~小学生

公園の特徴

道の駅の建物の裏に複合遊具とすべり台があります。とても広い全面芝生の河川敷が隣接していますが、川の手前に柵などは無いので、小さな子どもを連れていく際は注意を。

地図

 

さくら公園

  • 芝生の広場

 

公園名 さくら公園
住所 徳島県那賀郡那賀町小仁宇
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/tiRsLTJ2fdw4ygoJ7
駐車場 約15台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児〜小学生

公園の特徴

自然豊かな山間に位置し、全面芝生の公園。鳥の声を聞きながらお弁当を食べるピクニック利用もいいかも。一部斜面になっていて柵等などはないので、注意を。

地図

 

美波町の公園

竜宮公園

  • 公園入口

 

公園名 竜宮公園
住所 徳島県海部郡美波町日和佐浦
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/gS49X9bEpQ68sBTZ7
駐車場 90台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児~小学生

公園の特徴

全面芝生の公園の中に、アスレチックやスライダー、シーソーなど多くの遊具あり。併設された体育館の裏にある人工芝の「ちびっこゲレンデ」でソリ遊びとターザンロープもおすすめ。ソリは体育館にて有料で貸し出ししています。

地図

 

玉厨子農村公園

  • 親水護岸(浅めの水辺)

 

公園名 玉厨子農村公園
住所 徳島県海部郡美波町山河内字本村206―1
開園時間 要確認
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/3XotQuEkeV7reV9c7
駐車場 普通車33台
大型車2台
車椅子用2台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

ボール遊びなどを楽しむことが出来る砂地の広場と、芝生のエリアの両方あり。山の湧き水が流れる浅めの水辺があり、水遊びもできます。

地図

 

みなみらい広場

  • 砂地の広場

 

公園名 みなみらい広場
住所 徳島県海部郡美波町奥河内井ノ上20
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/EGwNdWPnAU29zwbNA
駐車場 13台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

砂地の公園で、小高い丘をひもや石の足場を使って登り、すべり台にして遊ぶことが出来ます。

地図

 

海陽町の公園

宍喰町角坂山村広場

  • 帆船の複合遊具

 

公園名 宍喰町角坂山村広場
住所 徳島県海部郡海陽町角坂
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/CEzSYPWryqs5xNqM9
駐車場 約10台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児〜小学生

公園の特徴

帆船をモチーフにした複合遊具やすべり台など、複数の遊具が設置されています。また、全面芝生の公園なので小さな子どもも安心して楽しむことが出来ます。

地図

 

南阿波ピクニック公園・蛇王運動公園

  • 南阿波ピクニック公園 複合遊具

 

公園名 南阿波ピクニック公園・

蛇王運動公園

住所 徳島県海部郡海陽町浅川ヒムロ谷59
開園時間 要確認
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/r6JPm6cSb3NM4CEd6
駐車場 約60台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児〜小学生

公園の特徴

2つの公園が併設されており、全面芝生となっているので、小さな子どもも広々と遊ぶことが出来ます。ピクニック公園内の複合遊具スライダーを登ると、公園内を一望することが出来るのでおすすめです。

地図

四国の右下公園情報【阿南市編】

※徳島県では令和3年4月29日(木)から令和3年5月5日(水)までの間、県有施設を休館にすることがが決まったため、同様の期間、公園の利用も休止となっているところがあります。ご迷惑をおかけいたしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご協力をお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京、大阪、京都、兵庫の4都府県を対象に、3度目となる緊急事態宣言が発令されることが決まりましたね。期間は2021年4月25日(日)~5月11日(火)まで。

徳島県内でも感染者数が増えているので、GWは昨年に引き続きステイホームを基本に過ごすことになりそうですが、小さなお子さんがいるご家庭は「ステイホームにも限界がある!」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?

そこで3密をさけて利用できる四国の右下エリア+小松島市の公園情報をまとめました。
晴れた日にちょっとお出かけしてみると、リフレッシュ出来るかも!?

 

羽ノ浦桜づつみ公園

  • 羽ノ浦桜づつみ公園

 

公園名 羽ノ浦桜づつみ公園
住所 徳島県阿南市羽ノ浦町岩脇
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/q8YzdT3zzs9o7srV9
駐車場 49台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児〜小学生

公園の特徴

桜の名所として知られています。公園の中央に大きな池がありますが、水辺は柵がない部分があるので、小さなお子様をお連れの場合は注意を。遊具は一部使用禁止のものもあり。

地図

 

橘地区防災公園

  • 芝生の広場

 

公園名 橘地区防災公園
住所 徳島県阿南市橘町西浦58
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/EpfL38PtzoAuLLxb9
駐車場 普通車6台
車椅子用1台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

全面芝生となっているので、小さな子どもも走り回って遊ぶことができるので、ボールなど遊び道具を持って行くといいかも。遊具はすべり台とスプリング遊具がたくさんあり、高台にあるので、周辺の街並みを気持ちよく見渡すことが来ます。

地図

 

徳島県南部健康運動公園

  • いたずらたぬポンランド

 

公園名 徳島県南部健康運動公園
住所 阿南市桑野町桑野谷34番地1
開園時間 公園部分、バスケットゴールに関しては閉園時間なし
定休日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)、12/29~1/3
利用料金 公園部分、バスケットゴールは無料
野球場、テニスコートは有料
※バスケットボール無料貸し出し
アクセス https://goo.gl/maps/7Ky3sCSCBv1y4VVs8
駐車場 325台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児~大人

公園の特徴

複合遊具「いたずらたぬポンランド」、ネットでできたトンネルをくぐる「ネットトンネルコンプレックス」などがあります。気温があがると鉄製の遊具はかなり熱くなるので注意を。

地図

 

東部自然公園

  • 芝生エリア

 

公園名 東部自然公園
住所 徳島県阿南市才見町米島裏4
開園時間 8:00~18:00
※トイレ以外は閉園無
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/k7FHu6dar79xvks3A
駐車場 普通車60台
車椅子用2台
駐車場料金 無料
トイレ 有(8:00~18:00)
ベビーシート 有(8:00~18:00)
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

遊具の設置はありませんが、芝が生えたの大きな多目的広場があり、ボール遊びなどをのびのび楽しむことが出来ます。お散歩やピクニックにいいかも。

地図

 

津乃峰地区防災公園

  • 多目的スポーツ広場

 

公園名 津乃峰地区防災公園
住所 徳島県阿南市津乃峰町西分213−1
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/mZP5zuKMxnBoBteG8
駐車場
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

全面芝生の広い公園です。「多目的スポーツ広場」と「わんぱく広場」の2つの広場があり、ボール遊びなどをのびのび楽しむことが出来ます。遊具の設置はなし。

地図

 

阿南西部公園(ひまわりランド)

  • 公園概観

 

公園名 阿南西部公園(ひまわりランド)
住所 阿南市中大野町南傍示
開園時間 春 3月~4月 9時~5時
夏 5月~9月 9時~6時
秋 10月~11月 9時~5時
冬 12月~2月 9時~4時
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/3pNcyVjpu8WuA7e19
駐車場 62台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児~小学生

公園の特徴

全面芝生の園内にいろいろな種類の遊具があります。スライダーを上るまでのアトラクション遊具が人気で、季節ごとに様々な花を楽しむことも出来ます。

地図

 

浜の浦緑地

  • 全面芝生の河川敷

 

公園名 浜の浦緑地
住所 徳島県阿南市富岡町車ノ口
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/QAAqvbPiWLp4459z9
駐車場 約30台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所 無 (橋の下が日陰になる)
対象年齢層 幼児

公園の特徴

全面芝生の河川敷で、川の音を聞きながら遊ぶことが出来ます。ただ、トイレ等の設備がないので弁当を持参してのピクニック利用等におすすめです。
また、東屋等はありませんが、橋の下が日陰になるので休憩場所として利用できます。

※注意点
川の手前に柵等は無いので、小さなお子様をお連れの場合は要注意。

地図

 

阿南駅前児童公園

  • 公園入口

 

公園名 阿南駅前児童公園
住所 徳島県阿南市富岡町今福寺59−1
開園時間 9:00~22:00
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/5gwuiZKLvebF38fU9
駐車場 普通車11台
車椅子用2台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

砂地の公園で、2種類のすべり台とブランコ、スプリング遊具などがあります。

地図

 

牛岐城趾公園

  • 公園入口(城門)

 

公園名 牛岐城趾公園
住所 徳島県阿南市富岡町トノ町24−21
開園時間
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/pgArteD5APTmZzz29
駐車場 11台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 乳児〜小学生

公園の特徴

芝生の広場があり、小さな子どもも安心して走り回ることが出来ます。展望台からは阿南市街を見渡すことができます。

地図

 

Jパワー&よんでんWaンダ-ランド

  • 芝生の広場

 

公園名 Jパワー&よんでんWaンダ-ランド
住所 阿南市福井町舟端1番地
開園時間 10:00~17:00(火曜日定休)
利用料金 無料
アクセス https://goo.gl/maps/uuj1n8tiPDHAxYbX8
駐車場 170台
駐車場料金 無料
トイレ
ベビーシート ※使用不可(2021年4月現在)
自動販売機
屋根付休憩所
対象年齢層 幼児~小学生

公園の特徴

芝生の広場と砂地のエリアが両方あり、用途や年代に合わせて楽しむことが出来ます。また、対岸の火力発電所を一望でき、迫力のある景色を味わえます。

※2021年4月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、屋内施設を閉鎖しているため、ベビーシート設置トイレを使用できません。また、同様の理由でスライダー等の遊具の使用も禁止。

地図

 

海陽町町長 三浦茂貴さん 四国の右下インタビュー

しっかりと次の世代にバトンを渡すためにも
前向きなチャレンジを続けたい

サーフィンやダイビングといった充実のマリンアクティビティ、町民のあたたかな声援が話題となり、全国のマラソンファンに人気の『海部川風流マラソン』、道路と線路を走るDMVの世界初の導入など、魅力満載の町・海陽町。

三浦町長は2018年4月の町長選で過疎対策を重要課題に、農林水産業の振興と地元企業の支援、高齢者向け交通手段の整備、ふるさと納税による増収などを公約に掲げ、町政の刷新を訴えて当選しました。

2004年に旧海部町議に初当選し、当時から地域課題可決のために様々な提案を行っていたそうですが、町議という立場では10個のうち1個か2個の提案が通るか、通らないか。町長になったことで、理想とする町づくりのための提案の6割くらいは実現できるようになり、将来の町の姿を自分たちの意見で形作ることができると実感し、やりがいを感じているといいます。

できない理由を考えるのではなくて、やれる方法を考えて、どんどんと前向きにいろんなものにチャレンジをしていきたい」と話す三浦町長。

インタビュアをつとめる生徒達にも20年、30年、40年経った時に「こういう町にして欲しい」という希望や、「こんな町に住みたい」といったアイデアをたくさん出して欲しいと、ひとり一人の意見に耳を傾け、町政に取り入れようという姿勢が印象的です。

「海陽町も消滅自治体になるんじゃないかという議論もある中で、そうならないよう、しっかりと次の世代にバトンを渡していかないといけないと思っています。私自身、一生この町に住み続けたいと思っていますし、自分達の住む町が好きです。商工会や青年部に入っていた頃の仲間や町民の方達からも話を聞き、理解と協力を得て、住民目線のまちづくりに尽力したいと思います」。

 

美波町町長 影治信良さん 四国の右下インタビュー

“住んで良かった”と実感できる町になるために
教育、医療、福祉、防災・・・といった課題にバランス良く取り組む

町長の仕事について「価値観や考え方の異なる住民の意見を集約しながら、一つの方向に進めていくこと」と話す影治町長。

「そのためによい決断をして、実行することが大切。よい判断をするためには、自分が人間的にも成長することを日々考え、公平さを保つよう、良識のある判断をするよう心がけていますが、これが一番難しいところです」と、学生インタビュアーに語りかけます。

美波町は旧の由岐町と日和佐町が合併して誕生しました。

かつて、それぞれの町に1つずつ病院がありましたが、老朽化が進み、南海トラフ大地震の発生を想定すると、両方とも移転し、建て直さなくてはならなかったといいます。

その際に各地区が納得するカタチを模索し、由岐インターを降りたところに美波病院を、旧日和佐高校の跡地に保健センターを開設し、それぞれのエリアの住民が医療、福祉サービスに困らないよう、腐心したといいます。

「この町に“住んで良かった”と実感できる町になるためには、子育てから始まり、教育、医療、福祉の充実や南海トラフ巨大地震の脅威を見据え、防災減災、事前復興のまちづくりなどバランス良く取り組んでいかないといけないと思っています。そして若い世代が夢を追いかけられるような、そんな教育、そんな環境を作っていきたいとも思っています」と、未来に希望を持ち、思い描いた未来を現実のものとするため、尽力しています。

若い世代に向けて、中学、高校生、大学生がそれぞれの町の良さを体感するためにも、地域の行事などに積極的に参加し、家族、親戚含めた地域の方々とのふれあいを大切にして、町の様子を知って欲しいと話す影治町長。

「皆さんが高校、大学、社会人となって町外や県外へ出て、遠くで故郷を思う時、“住んで良かった”と思えるよう、四国の右下それぞれの市町も頑張ると思いますので、将来は地元に帰ってきていただきたいなと思います」。 

 

牟岐町長 枡富治さん 四国の右下インタビュー

『モラスコむぎ』を改修し、ワーケーションに対応
若者を呼び込むきっかけに

四国の右下エリアの中で、もっとも人口の少ない牟岐町。

枡富町長が小学生の頃は人口8000人くらいだったそうですが、2021年1月現在では3948人。そのうち65歳以上の高齢者の割合は半数以上といいます。

こうした人口減少の要因は、牟岐町の主な産業である漁業、農業の低迷に加え、働き口がないため、若い人が町に残りたくても残れない状況に問題があると考えています。

“仕事がない問題”は高校を卒業した10代の若者、いわゆる新卒に限った話ではありません。

統計では20代後半から30代半ばくらいにかけてUターンする若者が多い傾向にあるそうですが、中途採用の求人も少なく、仕事がないため、戻ってもまた町外へ出て行ってしまう人がほとんどなのだとか。

こうした状況をどうにかしようと、現在、サテライトオフィス誘致や『モラスコむぎ』を改修し、ワーケーションに対応しようという取り組みが始まっています。

「牟岐町のいいところは、人。温かく、朗らかな人の魅力に加え、自然豊かで、重要伝統的建造物群にも指定された出羽島の、時間が止まったような昔懐かしい風景も魅力です。

高校に進学して一旦、県外へ出て、外から牟岐町を見るという経験も大事だと思います。外へ出て見聞を広め、また牟岐町に戻ってきた時には、その力を町のために活かしていただきたいと思います」。

牟岐町の人口ビジョンでは、40年後の2060年には870人くらいになるという推計が出ていて、人口減少対策は待ったなしです。

町会議員を5期20年つとめた後、2019年4月の町長選挙で初当選した枡富町長。

海部衛生処理事務組合の改築や緊急防災減災事業債が延長されれば、南海トラフ巨大地震対策のための牟岐町役場の移転など、喫緊の課題も多いですが、若い人達が牟岐町で安心して暮らしていけるよう、対策していきたいと話してくださいました。

 

那賀町長 坂口博文さん 四国の右下インタビュー

林業再生によるで町の活性化。
全ての世代が安心して暮らせる町に。

平成17年3月に鷲敷町・相生町・上那賀町・木沢村・木頭村が合併して誕生した那賀町。人口減少や高齢化、財政難など山積する課題の解消に向けて、坂口那賀町長は就任してから行政改革を推し進めてきました。

「人口減少を食い止めるには、まず働く場所が必要です。那賀町が有する森林という大きな資源を活かして、林業で雇用の場を作りたい」。

木材価格は下落の一方で、林業で生活していくことが難しくなっている近年。しかし町では豊富な森林資源を活用した地域振興を行うため『林業マスタープラン』を策定し、林業活性化に向けたさまざまな事業に取り組んでいます。

また森林に特化したカリキュラムで地方創生の担い手を育成する『森林クリエイト科』を那賀高校に設けました。

那賀町の魅力に、美しい自然と豊富な農産物も挙げてくれました。

「那賀町は標高約50mから高いところでは約700mと、かなり高低差がある場所です。そのため環境に合わせた適地適作で、いちご・すだち・ゆずなど、多くの種類の作物を栽培しています。こんな町はちょっと他にはないと思いますね」。

働く場を確保して、人口の減少を抑え、高齢者や子どもが安全で安心して暮らせる町を創る。県や国と連係を積極的にとって、森林や道路、堤防、ダムなどの整備にも力を注いでいるそうです。 

那賀町で生まれ、ずっと那賀町で生きてきたという坂口町長。若い人たちに那賀町にずっと残ってがんばってほしいという想いはありますが、一方でこんなエールも贈ってくれています。

「那賀町で生まれた若い人たちには、都会や全国に出て、くじけず前向きにがんばってほしい。那賀町出身者が活躍することは嬉しいし、誇りです。そして都会で得た経験を、また帰ってきて那賀町で活かしてくれれば」。

目の前に課題や壁があるほど、やりがいがある。自身も信念を曲げず「これからも変わらずチャレンジし続けていきたい」と話してくださいました。

阿南市長 表原立磨さん 四国の右下インタビュー

経験から気づかされた
大都市に無くて阿南市にあるもの

平成の大合併で那賀川町と羽ノ浦町を編入して、約279㎢という県内市町村でも屈指の広大な面積を有する阿南市。那賀川と桑野川が市内を貫流し、風光明媚な海の風景とそこで獲れる豊かな海の幸に加え、農林水産業や工業も盛んな街です。

阿南市長の表原さんは自らの職についてこう考えています。

「市長という仕事は街の代表ということですが、あくまで職業のひとつだと思っています。ただし4年に一度行われる選挙に出馬して、そこで市民の皆さんから信任を受けるというプロセスを経ないとなることのできない大変な職業。その仕事をさせていただいていることには、とても感謝と誇りを持っています」。

自身も過去に16年ほど徳島を離れ、若者が憧れる大阪や東京などで暮らした経験があるという表原市長。大都市に実際住んでみると、そこに“無いもの”が実は阿南市には“ある”ということを、帰ってきてから気づいたそうです。

満員電車に揺られ仕事や時間に追われていた都会での暮らしから離れ、阿南市に帰ってくると生まれたのは街の中で様々なことを生業としている人たちに会う時間。自らプランニングをして、自分がどういう時間を過ごし、どういう価値を社会に対して生み出していくのかということを考えながら前に進むことが、やりがいや生きがいにつながっていくと思うようになりました。

「いったん外に出ても、一周回って帰ってきて、改めて自分が生まれた街の魅力に気づいてほしい」。

魅力ある街づくりのため自分に何ができるかを考えたときに政治の壁にぶつかり、自分の叶えたい夢に到達するため政治の世界に飛び込んだという表原市長。

「例えば人生が旅だとして、自分のリュックの中に入れられるものは限られている。重さや大きさが限られている中で、新たに大きなものを持とうとしたとき、今までの何かを捨てなければならない。それが社会的な立場とか、それまで築き上げてきたすごく大きなものかもしれないけど、後悔するくらいなら今自分が一番本当に抱えたいもの、自分のリュックに宝として入れたいものを、手を伸ばしてチャレンジしていこうと決めました。一歩前に踏み出したことで、結果として僕は今ここに立たせていただいている気がします」。

暮らしのなかで“自分たちの生まれた街をどうにかしていこう”という主体性を持った一人一人のプレイヤーがどんどん増えていけば、阿南市はもっと面白くなると考えていますと話してくださいました。