ブログ

とくしまジョブアシスタント出張相談会のお知らせ

東京・有楽町「東京交通会館」に設置している、徳島県のワンストップ移住相談窓口「住んでみんで徳島で!移住相談センター」内で、毎月1回「仕事」の相談コーナーを開設しています。とくしまの仕事に精通した「ジョブアシスタント」が実践的な就職相談を実施します!
徳島への就職・移住について興味のある方はぜひご利用ください!

ご予約は、相談当日の3日前(17:00まで)にお申し込みください。都合により、対面相談からオンライン相談になる場合もあります。

※ 日程は変更になる場合がありますので事前に必ずご確認の上、予約してからお越しください。原則、毎月第3土曜日ですが、2022年10月22日は第4土曜日。また、2023年2月4日は第1土曜日となります。ご注意ください。

 

R4年度 移住交流フェア徳島県参加予定表ができました!

コロナ禍、対面での移住相談や大型移住フェアの開催が見送られるケースも少なくありませんでしたが、今年度は大型移住フェアも現地開催を予定されています。

全国から各自治体が参加する大型フェアに加え、徳島県単体で行う「とくしま回帰セミナー」も年5回の開催を予定しています。

直近は7月2日(土)開催で、対面とオンラインのハイブリッド形式の移住相談会をテ予定しています。

個別相談会の前に徳島の魅力や暮らし方などを紹介するミニセミナーも予定しています。ミニセミナーの様子はFacebookライブでも試聴可能です。

過去会の様子はコチラ!

とくしま・丸ごと魅力発見!ハイブリッド型移住相談会 R3 12/18

https://www.facebook.com/tokushima.iju/videos/243469014523528

申し込み方法など決まり次第、お知らせします。

移住をお考えの方はぜひご参加ください。

要件緩和!「わくわく徳島ライフ」移住支援金について

東京23区の在住者・通勤者が徳島県で就職または起業する場合、引越等にかかる費用100万円(単身世帯は60万円)が支給される「わくわく徳島ライフ」移住支援金制度。

令和3年度から、要件が緩和され、より多くの人が対象になりました。

さらに今年度より、18歳未満の世帯員を帯同する場合は、1人につき30万円が加算されます!

※世帯員帯同については、移住先市町村により要件が異なります。 各市町村でご確認ください。

該当する方はぜひ、こうした制度をご活用いただき、徳島への移住の際にご活用ください。

2022年5月15日は古紙回収の日です!

以前、このサイトでも紹介した牟岐図書館の古紙回収の取り組み。

牟岐町立図書館の恒例イベントで、収益金は牟岐中学校・小学校・保育園にまっさらな希望図書を贈呈しています✨

古紙回収業者ナルト紙料センターのスタッフのみなさんや、図書館応援談の有志の皆さんにより、活動が続いています。

その様子を紹介した過去記事はコチラ!
近隣にお住まいの方はぜひご協力をお願いいたします。

牟岐町立図書館の古紙回収に行ってみた!

5月22日(日)開催!四国移住・就職相談会 in 大阪

四国四県の相談員が仕事や移住の相談に応じます!学生歓迎!
ぜひご予約ください。


≪日時≫
2022年5月22日(日) 10:00~17:00(最終受付:16:00)
①10:00~10:50
②11:00~11:50
③13:00~13:50
④14:00~14:50
⑤15:00~15:50
⑥16:00~16:50

≪場所≫
香川県大阪事務所(大阪市中央区東心斎橋1丁目18ー24 クロスシティ心斎橋4階)

≪申込方法≫
申込方法:電話またはメール
申込締切:5月19日(木)
完全予約制。当日の飛び込み参加はできません。

申込時に、①お名前、②年齢、③相談希望時間、④相談希望県(複数可)、
⑤就職希望職種(希望者のみ)、⑥来所予定人数、⑦ご連絡先をお知らせください。

≪申込・お問い合わせ先≫
香川県大阪事務所
電話:06-6281-1661
メール:osaka@pref.kagawa.lg.jp

最大50万円支給!学生向け徳島移住促進支援金について

新型コロナウイルス感染症拡大の長期化により、様々な働き方が広がり、自分らしい暮らしを求め、徳島への移住を検討する人からの相談も増えています。

それは学生もしかり。

徳島県では「みんなでリスタート!徳島移住促進支援金」制度を創設し、今年度も引き続き、対象者への給付を行います。

申し込み等、詳しくは『AWAIRO』特設ページをご確認ください。

AWAIRO特設ページ 外部のサイトに移動します 別ウィンドウで開きます。

これが私が那賀町に決めた話(全5話)公開中!

四国の右下移住ナビをご覧の皆さんは、少なからず移住に興味のある人だと思います。

「移住したい」と思う人に最初に立ちはだかる難問が、移住地選び。そのときに参考になるのが移住動画ではないでしょうか?各地域、様々な趣向をこらした移住動画があり、面白く洗練されたものもたくさんありますが、長過ぎる動画はちょっと・・・という声もあるようです。

そこでおすすめなのが、この度那賀町で制作された移住動画!

YouTubeの徳島県那賀町チャンネルで公開されていて、ストーリー仕立ての全5話。那賀町での仕事や家探し、子育てなど移住する際に気になるテーマを盛り込み、実際に那賀町へ移住した人たちのインタビューを交えなが町の魅力を紹介しています。

移住のツボを押さえた内容でありながら、全話見ても10分!
ギュッとコンパクトにテンポ良く見ることができるので、ぜひご覧になって、那賀町への移住をご検討ください。
チャンネル登録もよろしくお願いします!

徳島県那賀町チャンネルより
移住についてぼんやり考えていたとき、目にした那賀町のホームページ。 「いいな」がだんだん「行ってみたい」に変わってきた。 実際に那賀町に行って、いろんな人とお話ししてみてわかったことがたくさんあった。 これが私が那賀町に決めた話。

令和3年度 地方創生推進交付金事業

【参加者募集】阿南市移住セミナー TOKYO

 2022年4月から施行された「プラスチック新法」(プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律)。ホテルのアメニティを減らしたり、ストローが紙製になったり、飲食店などで無料で提供されていた使い捨てスプーンやフォークが木製のものになるなど、SDGsへの取り組みが私たちの生活にも少し変化をもたらしています。
そうした環境問題に着目した阿南市が、ローカルビジネス、スマート農業、複業人材などと組み合わせた移住セミナーを開催します!移住だけに止まらず、「盛りだくさんでなんだか面白そう」「環境問題に関心がある」という人はぜひご参加ください!
阿南市移住交流支援センターFacebookページより抜粋
四国の最東端、海に面したまち徳島県阿南市!
世界規模で問題となっている海岸や河川の汚染に対して真っ向から取り組むまち🌃
地球が抱える様々な問題に阿南市から新たなムーブメントを起こしています🌀🌀
今回は「移住」👨‍👨‍👦に加えて「ローカルビジネス」🕴「スマート農業」🥕「SDGs」🌲「関係人口」🏄‍♂️「複業人材」etc…
ココでしか聞けない!!
阿南市のあんなことやこんなことを阿南市で活躍するGuest Speakerも交えてセミナーを行います!
移住を考えている方
最先端の農業について知りたい方
SDGsの14番に関心のある方
地方ビジネスに興味のある方
ぜひぜひご参加ください(*^^*)

阿南市移住セミナー TOKYO

2022年6月25日(土)
18:00(17:30開場)~19:30
『持続可能な社会の実現~阿南市の挑戦~ep1』
会場:東京都千代田区有楽町2丁目10-1 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター(東京交通会館4階 セミナールームB)
参加費:無料

世界初に乗りに行こう!DMVで四国の右下を体感しよう

線路と道路の両方を走ることができる新しい乗り物「DMV」。
みなさんはもう乗りましたか?
DMVとは「デュアル・モード・ビークル」の略称で、昨年12月25日に阿佐海岸鉄道(阿佐東線)で運行が始まりました。DMVが本格的に営業運行を行うのは世界初!
DMVについては徳島県チャンネルでの動画はもちろん、鉄道ファンのみなさんや撮り鉄の方々によってたくさんの動画や写真がUPされています。

徳島県海陽町と高知県東洋町をつなぐ区間を運行していて、土日祝日は室戸方面へも1日1往復しているのだとか。バスになって観光施設も巡っているそうです。

DMVをきっかけに地域を活性化し、四国の右下エリアに興味を持ってもらおうとDMV応援ソング『DMVのうた~世界初に乗ろうよ~』も作られました。

作詞・作曲 わたなべ だいすけ
歌 D.W.ニコルズ

覚えやすく、口ずさみやすい歌ですよね。
ふるるん達と一緒に踊りたくなりませんか?

開業当初は予約が殺到し、なかなかチケットが取りにくい状況もあったようです。
新型コロナウイルスの感染もまだ収束が見通せない状況ですが、しっかり感染対策して、乗車してみては?

乗車予約は発車オ~ライネットで行えます。
https://secure.j-bus.co.jp/hon/News?code=3610

また阿佐海岸鉄道では2022年度も「あさてつファンクラブ」の会員を募集中!
特典も充実!鉄カードももらえます!2022年12月31日まで入会受付していますので、ぜひご検討ください。

阿佐海岸鉄道 https://asatetu.com/

 

 

 

「みんなで!とくしま応援割」再開!

とくしまアラートが「感染観察(レベル1)」に引き下げられたことに伴い、「みんなで!とくしま応援割」が再開されています。
香川県、高知県、愛媛県、山口県在住者の方も利用可能です。
近県からの移住をご検討の方は、こうしたサービスを利用してまずは観光で徳島に来てみませんか?🚗
すでに移住済みという人も、県内をゆっくり旅行するチャンス!行ったことのない場所へおでかけしてみてください🍀
応援割利用期間:令和4年4月1日(金)~令和4年4月28日(木)
※今後、徳島県又は隣県(出発地)の感染レベルが「レベル3」に移行した場合および、まん延防止等重点措置が適用される場合は、「みんなで!とくしま応援割」を停止しますのでご留意ください。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。