海陽町町長 三浦茂貴さん 四国の右下インタビュー

しっかりと次の世代にバトンを渡すためにも
前向きなチャレンジを続けたい

サーフィンやダイビングといった充実のマリンアクティビティ、町民のあたたかな声援が話題となり、全国のマラソンファンに人気の『海部川風流マラソン』、道路と線路を走るDMVの世界初の導入など、魅力満載の町・海陽町。

三浦町長は2018年4月の町長選で過疎対策を重要課題に、農林水産業の振興と地元企業の支援、高齢者向け交通手段の整備、ふるさと納税による増収などを公約に掲げ、町政の刷新を訴えて当選しました。

2004年に旧海部町議に初当選し、当時から地域課題可決のために様々な提案を行っていたそうですが、町議という立場では10個のうち1個か2個の提案が通るか、通らないか。町長になったことで、理想とする町づくりのための提案の6割くらいは実現できるようになり、将来の町の姿を自分たちの意見で形作ることができると実感し、やりがいを感じているといいます。

できない理由を考えるのではなくて、やれる方法を考えて、どんどんと前向きにいろんなものにチャレンジをしていきたい」と話す三浦町長。

インタビュアをつとめる生徒達にも20年、30年、40年経った時に「こういう町にして欲しい」という希望や、「こんな町に住みたい」といったアイデアをたくさん出して欲しいと、ひとり一人の意見に耳を傾け、町政に取り入れようという姿勢が印象的です。

「海陽町も消滅自治体になるんじゃないかという議論もある中で、そうならないよう、しっかりと次の世代にバトンを渡していかないといけないと思っています。私自身、一生この町に住み続けたいと思っていますし、自分達の住む町が好きです。商工会や青年部に入っていた頃の仲間や町民の方達からも話を聞き、理解と協力を得て、住民目線のまちづくりに尽力したいと思います」。