出羽島ゲストハウス『シャンティシャンティ』代表 西 和彦 さん  四国の右下インタビュー

みんなで助け合う
島暮らしの素晴らしさを広げたい

石川県で生まれ、大阪市中心部で育った西さん。若い頃からマリンスポーツが好きで、県南部にもよく来ていたといいます。

1998年、「自然の中で暮らしたい」と一念発起し、出羽島から一望できる『室戸阿南海岸国定公園』の景色に魅了され、30代で移住。移住後は素潜りで採貝漁に挑戦し、漁業で生計を立てていました。

ある時、「お遍路さんに出羽島に立ち寄ってもらいたい」という思いがわき起こり、2010年、島で唯一の宿泊施設としてゲストハウス『シャンティシャンティ』をオープンします。

「店名の意味はヒンズー語で“静寂、平和”という意味です。出羽島の雰囲気を重ねてネーミングしました」。

2009年から、年2回、出羽島の海岸清掃活動『出羽島ビーチクリーン』の活動をはじめ、 「以前は島民だけで行っていましたが、人口減少により島民だけでは清掃活動が維持できなくなってきたので、島外の方にボランティアを募り、牟岐町内、海部郡内、県内と輪を広げていき、10年以上続けている現在では、京阪神からのボランティアも参加していただいています」と活動の広がりを感じているそう。

今後も出羽島で定住し、「出羽島の交流人口を少しでも増やし、海と親しみながら生活をすることの素晴らしさを広げていきたいです」と話してくださいました。

 

出羽島ゲストハウス シャンティシャンティ

https://www.tebajimaguesthouse.com/