P9100061

ふるさと回帰フェア 2017レポート

平成29年9月10日(日)、「ふるさと回帰フェア 2017」が開催されました。

P9100051

会場は例年と同じ、東京国際フォーラム ホールEです。
全国から約350の自治体が出展し、参加者数は19,791名だったそうです。

P9100061

徳島県からは、徳島県・美波町・阿南市・美馬市・三好市・牟岐町・海陽町の7組が出展。徳島県全体での相談件数は80122名でした。

会場を上がった所には、地方暮らし応援コーナー・ニッポン全国ふるさと市場があり、JAや生協等の団体が移住相談を受けたり、地域の物産品を販売したりしていました。

P9100080
会場の一角にはミニステージがあり、ふるさと暮らし初心者に向けたミニセミナーを開いていました。ミニセミナーでは、地方移住・新規就農・狩猟生活・ゲストハウス、それぞれの始め方について講師を招きトークしていました。

参加者の中には興味はあるがどう決めていいか分からなかったり、何からすればいいか分からなかったりという人が非常に多かったので、各回45分でしたが立見であふれかえっていました。
今回、ブース前以外で呼び込みをする場所と時間が決まっており、参加者に対して出展者が多すぎたため、配布物も工夫しなければ手に取って頂けませんでした。重すぎもだめ、チラシ1枚もだめ、大きさと形状が重要だと思いました。

工夫を凝らしていたブースも多くみられました。

P9100063
山口県は柳井市の民芸品「金魚ちょうちん」を飾り、目立っていました。

P9100070
福島県は鎧を着たスタッフがいて、注目を集めていました。

P9100075
鳥取県は蟹と麒麟の被り物が印象的でした。

蟹は水揚げ量が多く、麒麟は町の民俗文化財である麒麟獅子舞からきているそうです。

P9100081
静岡県はポスター・椅子カバー・被り物・資料用バッグの全てを富士山で統一しており、一貫していてわかりやすかったです。
バッグのデザインもかわいく使い勝手がよさそうでした。

P9100062
また、佐賀県は同県ブースを3か所周る事で券を貰い、ガシャポンが回せました。缶バッチがあり、当たりは佐賀までの航空券だったそうです!

次回の相談会は、10月25日(水)ふるさと回帰支援センターで「四国の右下移住相談会」です。
平日で時間が18:30~20:30と遅めなので、仕事帰りや学校終わりに是非お立ち寄り下さい!