s-DSCN0310

7月8日(土)開催「そうだ!カフェをしよう」参加者募集

四国の右下起業・創業セミナーのチラシを各所に配り、フリーペーパー『なんと』さんにも広告を掲載いただきました!
19095329_1324556037663540_5292397986579503000_o
徳島県内でも起業創業に関する勉強会は数あれど第一線で活躍される方の体験談を聞く機会は意外と少ないのではないでしょうか?
例えば、第1回の「そうだ!カフェをしよう」の講師をお願いした小原さん。
「おいしいコーヒーの淹れ方」などのセミナーはされていますが、創業についてお話されるのは今回が初めて!
昔を知る方なら阿南に『ディラン』という店があったことを覚えている人もいるでしょう。
自家焙煎をはじめた当初は、豆を真っ黒に焦がしたこともあったとか。
現在のダンディな小原さんのイメージからは想像もつきません…(*_*;
しかし、そうした経験があったから、現在の『コーヒーワークス』があるのでしょう。
c
http://coffee-w.com/
以下、小原さんからのメッセージです!
「遣りたいことを遣る、自分自身がワクワクすることをやる。
起業ってそこが原点だと思っています。
経営はお客様目線と自分目線のバランスです。
しかしやっぱり、これだけは自信があるということを造ること…」など、
現在まで考えて遣って来たこと、コーヒーの泥沼状態を聞いて頂ければと
考えております」。
s-DSCN0310
小原博さん プロフィール

1954年、阿南市生まれ63才。
東京、学生時代に、東京プリンスホテルを皮切りに、赤坂や青山のレストランなどで調理と接客の経験を重ねる。

接客の魅力を絶ちがたく、徳島に戻った1978年に、阿南市でディランを開店。
東京時代のアルバイトでの調理とコーヒー専門店の知識を生かした選択でした。
料理を手作りで提供しながら、コーヒーを人任せにすることに違和感を覚え、自家焙煎に進んだ。
いつしかコーヒー漬けになっていく。
その結果、「焙きたて・挽きたて・煎れたて」の一歩奥の世界に思い至る。
行き着くところは素材である生豆の品質であり、焙煎の方法と技術の探求、必然的に農園視察。
1980年、徳島市郊外にコーヒー専門店「でっち亭」を開店。
コーヒーの味創りとともに、店舗空間の重要性に気づき、生け花を習う。同時に設計と建築を学び始めている。
1991年に「珈琲美学」を徳島市山城に開店。
後にCOFFEE WORKSと改名
COFFEE WORKS阿南このぶ店、徳島市大原町、コーヒー研究所laboを開設。
当日参加もOKですので、ぜひこの機会にお越しくださいね!