20170403_131708

那賀町地域おこし協力隊活動発表会 その1

4月3日(月)に那賀町の地域交流センターで行われた活動報告会に行ってきました!

徳島県内でも早くから地域おこし協力隊を活用した町おこしに取り組んでいる那賀町。
今年度、現在9名の隊員に加え、今年新たに7名が加わり、総勢16名の大所帯になりました。

地域再生のカギといわれる若者のアイデアや行動力を十分にいかすため、
自主性を重んじ、活動しやすい環境を整えつつ、その活動を広く知ってもらおうと、
興味のある人は誰でも参加できる活動報告会も行っています。

fuku

開会に先立ち、副町長が挨拶。

kita

トップバッターはドローンによる町おこしにとり組む喜多幸治さん。
2年前、那賀町でドローンを知る人はほとんどいなかった就任時、「ドローンによる町おこし」を宣言。
林業におけるドローン活用の実証実験やアイデアソンの開催、
自治体では唯一の国際ドローン展出展など、
疾風怒涛の勢いでドローンによる取り組みを進めてきました。
町をあげてドローンに取り組むきっかけを作ったのは喜多さんだといっていいでしょう。
表にするとこんな感じ…。

d1d2

協力隊の活動の最終年度となる今年は、国家戦略特区を目指すとのこと。

20170403_130826

…ただ、喜多さんはドローンを飛ばせないそうなので、
今年度中に操縦できるよう、がんばるそうです。

 

続いては、相生番茶作りに取り組む森容子さん。

mori

森さんは2人のお子さんのママ。
相生地区出身で、自身が生まれ育った町で子供たちを育てたい、
故郷を守っていきたいと、Uターンして協力隊になりました。

20170403_131708

那賀町でUターンを呼びかける移住支援団体「もんてこい丹生谷」のメンバーとして、
産直市に併設された『あすなろカフェ』の運営のサポートなどを行いつつ、
特産品の相生番茶の生産にも取り組んでいます。
20160823_104511
昨年度は農家さんやJAあぐり阿南の協力のもと、ワークショップを行い、
イベントなどでの販売も行いました。
20170403_131527

今年は番茶の摘み取りから製造まで体験をできる施設を整備し、より本格的に行う予定だそうです。