四国の右下

移住者のための阿波弁講座

 

移住してきた人から「会話が聞き取れない」と真顔で言われました…。

関西から来た方は言葉が似ている部分もあると思いますが、確かに阿波弁は独特です。ここで代表的な阿波弁をちょっとだけ紹介しておきましょう。

●いける
訳:大丈夫、OK

例)いけるで~? 意味:「大丈夫ですか?」

 

●えっとぶり
訳:久し振り

●わんく、うちんく
訳:あなたの家、私の家

●へらこい
訳:ずる賢い

●しわしわ
訳:ゆっくり

例)しわしわせんか 意味:「ゆっくりやろう」

●あるでないで
訳:あるじゃないですか

 

●せこい
訳:苦しい

例)食べ過ぎてせこい 意味:「食べ過ぎて苦しい」

 

●なんしょん?
訳:何してるの?

 

 

●まけまけいっぱい
訳:すりきれ一杯、めいっぱい

 

●どくれる
訳:ふてくされる

●〇〇しまわる
訳:(良くないことを)~する
例)邪魔しいまわる 意味:「邪魔をする」

 

●かんまん
訳:かまいませんよ。

●たってくる
訳:飽きる

●行っきょん?
訳:行くんですか? 行くところです。

 

●どちらいか
訳:どういたしまして

●ほ~え~
訳:へ~そうなんだ~

徳島県内でも南と西、県央部でもちょっとずつ違いますので、耳を澄ましてみて下さいね。